愛はかげろう 歌詞

歌:雅夢

作詞:三浦和人

作曲:三浦和人

窓ガラス流れ落ちてゆく雨を
細い指先でなぞってみる
くもりとかしてすべる指先に
伝わる冷たさ心にしみる
忘れ去られた部屋の片隅
貴方の影今もゆれてる

※愛はかげろうつかの間の命
激しいまでに燃やし続けて
別れはいつも背中合わせに
人の心をゆらして※

別れ言葉を口にする貴方は
いつもとちがってやさしすぎた
はき出すタバコの煙の影が
教えてくれた偽り言葉と
あつくいだかれた日々を
倖せと言えばかなしい

愛はかげろうさめきった愛の
過ぎ去る後に残るものは
いつも女の乾いた涙
さまよい歩く迷い子

(※くり返し)
雅夢の人気歌詞
追いかけて

明日(あした)も会えますか からみ合っ ...

帰らぬ河のほとりで

流れが海に注ぐように ひとつの終わりが ...

悲しくて

薄く曇った 硝子窓 コトコト揺らす風の ...

浮雲

うぶなお前はかわいさかくし かくしきれ ...

秋時雨

アスファルト雨にぬれて 濡れ尽した足音 ...

サヨナラ・君

色あせた夢 それはセピアの 風につつま ...

辛口のゲーム

よく冷えたワインのグラス重ね 街の燈火 ...

霧雨の旅人

肩をぬらす雨が 時間を戻す 今も影がひ ...

壊れた夜

洒落た予感に 踊る瞳 緑玉を 見た気が ...

哀しみのブラマンジェ

逢いたくなってきたんじゃない ひとりの ...

夕映えよ心の鳩を抱け

昔遠い日 心は 愛と夢とを ほゝばる鳩 ...

ファイナル~彩歴~

ひとつひとつ消えてゆく ライトが終りを ...