長崎夢情 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:新本創子

作曲:彩木雅夫

恋は女の 命なの
抱かれた昔を 忘れられないわ
泣いて悩んで ひとり
長崎の銅座橋
薄情な人の名を 口紅でかけば
こぬか雨降る 夜の丸山

暗い灯の川 流されて
よろける女に さむい石畳
どこにいるのよ あなた
長崎の港町
鐘の音が淋しくて 酔いしれる夜は
青いネオンが 頬につめたい

夢があるから 生きられる
あなたがいなけりゃ 駄目な女なの
愛を抱きしめ ひとり
長崎のブルースよ
面影を追いかけて ふりむけば今日も
わかれ雨降る 夜の中島川

瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...