さだめ雪 歌詞

歌:長山洋子

作詞:星野哲郎

作曲:岡千秋

苦労 くの字に 小枝を曲げて
雪を着て咲く 梅の花
命かけなきゃ 花にはなれぬ
そんな意気地が 香に匂う
戴くわ、その魂
私も雪に 咲く女

くずだ ちょろだと 叱ってくれる
人が居たから 今日がある
こんな私に 望みをかける
こわい師匠の 親ごころ
ありがとう しあわせよ
背中をおがむ 雪明かり

耐えた者ほど やさしく生きる
しだれ紅梅 見て思う
春に先がけ 咲く一輪の
花の姿に 励まされ
たおやかに 凛々と
さだめの雪を 踏みしめる

長山洋子について

’84年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。’86年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、’88年に 映画「恋子の毎日」に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。デビュー10年目の’93年、25才で演歌歌手に転身。’演歌元年’のキャッチフレーズで『蜩ひぐらし』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後、「でもねポーズ」が話題になりルンバのリズムが心地よい『捨てられて』や将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など続けてヒットを飛ばす。 現在、コンサートではビクター少年民謡会時代の経験を生かし津軽三味線と民謡を披露、その研澄まされた技と深みを増した表現力が世代を越え高く評価されている。
長山洋子の人気歌詞
じょんから女節

雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾に ま ...

捨てられて

でもね あの人 悪くないのよ 噂信じた ...

夜桜ブルース

花に誘われ 祇園 白川 あなたは あな ...

なみだ酒

しあわせほしがる 女の胸を 路地のしぐ ...

めぐり逢い

過去のことなら 捨てました 記憶の糸も ...

ヴィーナス

煌めく シャンパン・ライト 媚薬の夜ね ...

ユア・マイ・ラヴ

蒼い Angel 降りた 街は Par ...

博多山笠女節

夜明け前 博多の男が 山笠かいてオイサ ...

雲にのりたい

雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが ...

恋酒場

ランプがゆれる 馴染みの店じゃ 噂ひろ ...

むすばれたいの

だってあなたに 似てたんだもの 旅で見 ...

瞳の中のファーラウェイ

もしも 言葉のない時代なら もっとうま ...

生命を燃やす 季節は短い まして女の ...

じょっぱり よされ

あんたでなけりゃ 女を棄てる 罪にあら ...

蒼月

惚れた男の みる夢を 一緒に見るのが ...

ハートに火をつけて

渚のカーブ走る 横顔が少し遠い 黙って ...

父さんの詩(うた)

明日がいよいよ 最後ねと 冷たいビール ...

素顔のままで

渚を飛び立つ カモメの様に 息づく気持 ...

ふられ酒

手酌のお酒に 酔うよりも 酔って泣きた ...

おんな炭坑節

赤い煙突 目あてに行けば 米のまんまが ...