かもめの街 歌詞

歌:ちあきなおみ

作詞:ちあき哲也

作曲:杉本真人

やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる頃
白茶けたお天道が 浜辺を染め始めるのさ
そんなやりきれなさは 夜眠る人にゃ分らないさ
波止場に出れば カモメがブイに2、3羽
一服しながら ぼんやり潮風に吹かれてみるのが
あたしは好きなのさ
カモメよ カモメよ
淋しかないか
帰る故郷があるじゃなし
おまえも一生 波の上
あたしも一生 波の上
あ~あ~ ドンブラコ

いろんな人が居たし いろんな人が居なくなった
泣いてくれるのは カモメと霧笛ばかり
一服しながら あれこれ取り止めなく懐かしむのが
あたしは好きなのさ
カモメよ カモメよ
風邪などひくな
絹の寝床があるじゃなし
おまえも一生 波の上
あたしも一生 波の上
あ~あ~ ドンブラコ
カモメよ カモメよ あ~あ~

ちあきなおみについて

1969年「雨に濡れた慕情」でデビュー。1970年「四つのお願い」がヒット。1972年「喝采」で日本レコード大賞受賞。 1978年に俳優の郷鍈治と結婚、1992年に死別。これを機に芸能界を引退。
ちあきなおみの人気歌詞
黄昏のビギン

雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢 ...

冬隣

あなたの真似して お湯割りの 焼酎のん ...

夜へ急ぐ人

夜へ急ぐ人が居りゃ その肩 止める人も ...

紅い花

昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとりざ ...

四つのお願い

たとえば私が 恋を 恋をするなら 四つ ...

紅とんぼ

空(から)にしてって 酒も肴も 今日で ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり あ ...

夜間飛行

最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指を ...

祭りの花を買いに行く

祭りの花を買いに行く 村の鈴木商店へ ...

矢切の渡し

「つれて逃げてよ・・・」 「ついておい ...

雨に濡れた慕情

雨の降る夜は 何故か逢いたくて 濡れた ...

都の雨に

故里を 想いださせて 降りしきる 雨は ...

愛のくらし

この両手に 花をかかえて あの日あなた ...

さだめ川

明日のゆくえ さがしても この眼に見え ...

ねえ、あんた

ねえ あんた なんかとってあげようか ...

東京砂漠

空が哭いてる 煤(すす)け汚されて ひ ...

あなたのすべてを

名前も知らない 貴方と私 だのに不思議 ...

朝日楼

※私が着いたのは ニューオーリンズの ...

かなしみ模様

あなたがそこに その場所にいるなら た ...