おんなの夢 歌詞

歌:八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

一度でいいから 人並に
あなたの妻と 呼ばれてみたい
ああ夢を…夢を…
夢をみたいのよ
他人じゃないよと 抱きしめられて
一生一度の 恋に泣く

ひとりでこれから 生きるより
例え日陰の 花でもいいの
ああ涙… 涙…
涙かみしめ
人のそしりも 耐えているけど
女ですもの 泣きたいの

あなたと暮らす しあわせは
私ひとりの 夢でもいいの
ああ女…女…
女運命を
夜の化粧に 涙をかくし
一生一度の 恋に泣く

八代亜紀について

昭和46年9月テイチクより「愛は死んでも」でデビュー。翌年、NTV「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きチャンピオンとなったのをきっかけにメジャー化。「舟唄」、「雨の慕情」等のヒット曲で有名。女優として映画・舞台でも活躍。また、絵画の腕前も一流で自身の個展を多数開催。
八代亜紀の人気歌詞
雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えて ...

舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

なみだ恋

夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 ...

愛の終着駅

寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあ ...

おんな港町

おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが ...

別れても好きな人

別れた人に会った 別れた渋谷で会った ...

もう一度逢いたい

あんな男と 言いながら 今日も来ました ...

白い花

海原渡る そよそよと 風に吹かれる わ ...

ともしび

あなたの命の ともしびが もうすぐ消え ...

昭和の歌など聴きながら

他人を妬(ねた)まず 羨(うらや)まず ...

恋歌

激しいばかりが 恋ばゃない 二人でいた ...

女心と秋の空

港のまちに住む人に 風の便りにのせましょ ...

貴方につくします

雨に打たれて 消えるなら 過去の私を ...

夢は夜ひらく

赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは  ...

人生の贈りもの

ここに生まれ 時をかさねて めぐり逢っ ...

純情カプチーノ

待たせてごめんと手をあわせ あなたはい ...

新宿なみだ町

酒よ 酒よ 酒よあんたが 男なら あた ...

愛ひとすじ

恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました ...

明日に生きる愛の歌

人生は山があり 谷もあり デコボコ道が ...