おんなの忠臣蔵 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:吉岡治

作曲:船村徹

離縁の理由も きかないで
せめて一夜の みだれ髪
大義に男が 生きるなら
おんなは情けに 死にますと
風の山科 あなた…
紅もせつない 秋ざくら

あいつは 腑ぬけ 腰抜けと
噂ばかりか 石がとぶ
浮かれてつらかろ 武士が
ひとにも云われぬ 胸のうち
知っております あなた…
りくも赤穂の 妻ならば

但馬の里で ききました
四十七士のご本懐
生きては添えない ふたりなら
あの世で一生 みちづれに
旅もはればれ あなた…
雪が散ります 紅の雪
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...