俺ら東京さ行ぐだ 歌詞

歌:吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

テレビも無エ ラジオも無エ
自動車もそれほど走って無エ
ピアノも無エ バーも無エ
巡査毎日ぐーるぐる
朝起きて牛連れで
二時間ちょっとの散歩道
電話も無エ 瓦斯も無エ
バスは一日一度来る

※俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ
東京へ出だなら 銭コア貯めで
東京で牛飼うだ※

ギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ
喫茶も無エ 集いも無エ
まったぐ若者ア俺一人
婆さんと爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エ たまに来るのは紙芝居

俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ
東京へ出だなら 銭コア貯めで
東京で馬車引くだ

ディスコも無エ のぞきも無エ
レーザー・ディスクは何者だ?
カラオケはあるけれど
かける機械を見だごとア無エ
新聞無エ 雑誌も無エ たまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ 俺らの村には電気が無エ

俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ
東京へ出だなら 銭コア貯めで
銀座に山買うだ

(※くり返し)

吉幾三について

青森より上京後、作曲家・米山正夫氏に師事。昭和47年「恋人は君ひとり」(芸名:山岡英二)でデビュー。昭和52年11月25日「俺はぜったいプレスリー」を発表し、『吉幾三』に改名して、シンガー・ソング・ライターとして再デビュー。その後は、本格的な叙情演歌「雪国」が大セールスを記録し、イロもの的な印象を払拭。さらに「酒よ」「酔歌」といったヒット曲で一躍大御所の仲間入りに。
吉幾三の人気歌詞
と・も・子…

(せりふ) とも子と二人で暮らしてた頃 ...

Dream

住みなれた 我が家を 雲と 青空の下 ...

雪國

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

酒よ

涙には幾つもの 思い出がある 心にも幾 ...

酔歌

ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は ...

これが本当のゴルフだ!!

ハァ~ パ-も無ェ ボギ-も無ェ バ- ...

立佞武多

※ヤテマレー ヤテマレー ヤテマレー ...

娘に…

幸せに なるんだよ 二人してきっと 涙 ...

海峡

わたし昔から そうでした 北へ行こうと ...

かあさんへ

あなたの背中で… かあさん あなたの腕 ...

TSUGARU

おめだの爺(じ)コ婆々(ばば) どしてら ...

百年桜

雪解けの 岩木山(いわきさん) 隠すよ ...

TOFU

TOFU…… 白いその肌 見るたび ...

ありがとうの唄

愛されて夢を見て ひとりで走ってた 振 ...

俺はぜったいプレスリー

俺は田舎のプレスリー 百姓のせがれ 生 ...

冬の酒

手紙をふところ 飲む夜は おふくろ あ ...

酒場のしんちゃん

5人も座れば いっぱいで つまみもそれ ...

風に吹かれて…

お前とあの時 出逢ったあの日 季節は春 ...