ミヨちゃん 歌詞

歌:ザ・ドリフターズ

作詞:平尾昌晃

作曲:平尾昌晃

(セリフ)みなさん、まあ僕の話を聞いて下さい。あっ、先輩も聞いて下さい。
[聞きましょう]丁度、僕が高校二年であの娘もミヨちゃんも
高校二年の時でした。僕の可愛いミヨちゃんは[どんな娘よどんな娘よ]
色が白くて小ちゃくて前髪たらした可愛い娘あの娘は高校二年生
[若いねぇうらやましいねぇきみぃ]ちっとも美人じゃないけれどなぜか僕をひきつける
つぶらな瞳に出あう時何にもいえない僕なのさ
[うそつき!うそぉつき!!]それでもいつかは逢える日を胸にえがいて
歩いていたらどこかの誰かとよりそってミヨちゃんが笑顔で
話していたもんね[ウー相当まずいなぁ]父さん母さん
うらむじゃないよも少し勇気があったなら俺みたいに器量よく生れたら
[なぁにぃ!]こんなことにはなるまいに あぁー
(セリフ)そんなわけで、僕の初恋もみごと失敗に終りました。
[元気を出しなさい]こんな僕だから恋人なんていつのことやら。
でもね、せめて夢だけはもちつづけたいんですよ。[それが、若さだよきみぃ]
今にみていろ僕だって素敵な可愛い恋人を[アーハイハイトォ]
きっとみつけてみせるから[ハードッコイサット]ミヨちゃんそれまでさようなら
[さよなら さよなら]さようならさようなら
(セリフ)先輩、先輩も器量が悪いですね[うるへー!]

ザ・ドリフターズについて

日本のミュージシャン、後にコントグループである。略称「ドリフ」。1970年代から1980年代中頃をピークに、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活躍した。 一般的には、いかりや長介が正式リーダーになった1964年のドリフ再結成以降(新生ドリフ)が知られているが、結成は1957年(1955年または1956年の異説あり)。結成当初からいかりやがメンバー入りするまでは音楽バンドとして活動していた。楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。 いかりやが正式リーダーに就任した2年後の1966年にはビートルズ日本公演の前座を務め、僅か40秒の演奏時間ではあったが、前座用のステージが別に作られていたにもかかわらず、ドリフターズだけはビートルズと同じステージで演奏した。これをきっかけに、ドリフが注目されるようになる。なお、加藤茶は、ビートルズの前座はしたものの、警備が厳しくビートルズのメンバーには会えなかったと語っているが、いかりやは自著で(ドリフ側が)舞台から退場するときにすれ違ったと記している。 コント55号(萩本欽一・坂上二郎)、三波伸介、笑福亭仁鶴、桂三枝、横山やすし・西川きよしと共に1970年代から1980年代にかけて日本のお笑いをリードしてきたエンターテイナーである。
ザ・ドリフターズの人気歌詞
いい湯だな

ババンバ バン バン バン ババンバ ...

チョットだけヨ!全員集合

エンヤー コーラヤット ドッコイジャン ...

ドリフのズンドコ節

※ズンズンズンズンズンズンドコ ズンズ ...

ドリフのツーレロ節

ツーツーレロレロ ツーレーロー ツレラ ...

ドリフのほんとにほんとにご苦労さん

※ほんとにほんとにほんとにほんとに ご ...

ドリフのバイのバイのバイ

通勤ラッシュの 恋人は 8時5分の 快 ...

ゴーウェスト

ニンニキニキニキニンニキニキニキニニンが ...

誰かさんと誰かさん

誰かさんと誰かさんが麦畑 チュッチュッ ...

ほんとにほんとにご苦労ね(軍隊小唄)

いやじゃありませんか 軍隊は カネの茶 ...

ズッコケちゃん

ズイズイズッコケたぜ ズッコケたぜズイ ...

ドリフのラバさん

私のラバさん お風呂屋の娘 番台ちょい ...

八木節

アアー アー ちょいと出ました ズッコ ...

ドリフの英語塾

僕らの先生 おかしな先生 唇突き出し ...

ドリフのツンツン節

ツンツン ツンツン ツンツン ツンツン ...

月月火水木金金

朝だ夜明けだ潮の息吹き うんと吸い込む ...

グリーン・グリーン

プリンプリンとあの子のお尻が揺れる デ ...

ズンドコ節(海軍小唄)

汽車の窓から 手をにぎり 送ってくれた ...

麦と兵隊

徐州徐州と人馬は進む 徐州いよいか住み ...

ラバウル小唄

さらばラバウルよ 又来るまでは しば ...