ひとり泣き 歌詞

歌:水森かおり

作詞:麻こよみ

作曲:弦哲也

恋いにやつれた 襟元に
夜の寒さが しのび込む
今度こそはと すがっても
女の幸せ なぜすれ違う
飲めないお酒に 酔いしれて
泣いてまた泣く 胸の傷

遊びじゃないよと ささやかれ
夢をみたのよ 人並に
そっと両手で あたためた
女の幸せ なぜ背を向ける
未練は捨てた はずなのに
追ってまた追う うしろ影

惚れた男の 世話をやき
そばで暮らせりゃ それでいい
指の先より ささやかな
女の幸せ なぜすれ違う
悔む気持は ないけれど
泣いてまた泣く 胸の傷
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...