思い出さがし 歌詞

歌:石原裕次郎

作詞:五輪真弓

作曲:五輪真弓

久し振りねと うしろから
ぽんと背中を 叩いた人がいる
振り向けばなつかしい はにかむ様な君がいた
あれから どうしていたのかい
素敵な恋を したのかい
そんなに綺麗になって
別れたこと 悔やませる様に

やせたみたいと 眉をよせて
からだを気づかう 心は変らない
そういえばあの頃は つれない素振りをしたっけ
あれから どうしていたのかい
誰かと 幸せでいたのかい
それぞれの冬を越えて
めぐり逢えたね 昔の様に

あれから どうしていたのかい
素敵な恋を したのかい
馴染みの店の カウンター
今はふたり 思い出さがし

石原裕次郎について

日本を代表する映画スター。1956年、実兄の石原慎太郎が書いた小説「太陽の季節」の主役として映画デビュー。 日活のトップスターとなる。 歌手としても、「銀座の恋の物語」「ブランデー・グラス」などヒット曲多数。 TVドラマ「太陽にほえろ」、「西部警察」などヒット作多数。 1987年死去。
石原裕次郎の人気歌詞
ブランデーグラス

これでおよしよ そんなに強くないのに ...

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点 ...

嵐を呼ぶ男

俺らはドラマ- やくざなドラマ- 俺 ...

二人の世界

君の横顔 素敵だぜ すねたその瞳が 好 ...

夜霧よ今夜もありがとう

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知って ...

わが人生に悔いなし

鏡に映る わが顔に グラスをあげて 乾 ...

恋の街札幌

時計台の下で逢って 私の恋ははじまりま ...

赤いハンカチ

アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと ...

錆びたナイフ

砂山の砂を 指で掘ってたら まっかに錆 ...

銀座の恋の物語

心の底まで しびれるような 吐息が切な ...

不思議な夢

昨夜不思議な 夢を見た 夢見て泣いて ...

こぼれ花

紅い 野薔薇が ただひとつ 荒野の隅に ...

勇者たち

雨が上がれば 虹が立つ 嵐すぎれば 鳥 ...

泣かせるぜ

離さない もう離さない すがりつく あ ...

別れの磯千鳥

逢うが別れの はじめとは 知らぬ私じゃ ...

夜霧の慕情

愛しても 愛しても 愛しきれない 君だ ...

口笛が聞こえる港町

君も覚えているだろ 別れ口笛 わかれ船 ...

俺はお前に弱いんだ

(セリフ)遅くならないうちに 今日はこ ...

サヨナラ横浜

別れの夜を 残り火の 恋の炎で かざろ ...

みんな誰かを愛してる

時の移ろいは 悲しみを 亡却の彼方へと ...