能登の恋歌 歌詞

歌:大川栄策

作詞:秋浩二

作曲:筑紫竜平

ひと目あなに 逢いたいと
肩をふるわせ 波の花
砕け散りゆく 能登の海
愛にはぐれて さ迷い歩けば
冷えた体に 雪が舞う
海鳴りばかりが 海鳴りばかりが
あああー旅のみちづれ
焦がれて 髪が泣く

空に一羽の 海燕
なぜにそんなに 啼くんだろう
恋の定めを 知るように
愛を失くして さ迷い歩けば
汽笛ひと声 恋歌になる
涙に霞むの 涙に霞むの
あああーわたしひとりを
残して 船が行く

愛に疲れて しんしん泣けば
堕ちる涙に 雪が舞う
漁火ばかりが 漁火ばかりが
あああー旅のみちづれ
どこまで 夢を漕ぐ
能登の恋歌 のCD・楽譜
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

盛り場おんな酒

お酒じゃ誰にも 負けないと 酔って泣い ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

男の火花

空に轟く 触れ太鼓 燃やす闘志は 男の ...

あなたに生きる

命までもと あなたにほれて 燃えた私が ...

恋吹雪

あなたが浴びる湯の音が せせらぎみたい ...

港雨

下駄で小走り 手を振る女 やがて港に ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

雨の港

別れりゃ他人のはずなのに からだがあの ...

はぐれ舟

今日も誰かが 泣いている 泣けば涙の  ...

昭和浪漫~~第二章~

風に追われるように街を歩いてる 痩(や ...

路傍の花

酒場ぐらしの 路傍の花に 幸せ運ぶ 季 ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

雨の永東橋

雨の永東橋は思い出ばかり 傘をさしだす ...

旅の月

酒場の小窓に 浮かんだ月が 故郷(こき ...

一途な女

肩が寒けりや 体を寄せな 夢が欲しけり ...