瀬戸の港 歌詞

歌:中村美律子

作詞:たかたかし

作曲:岡千秋

瀬戸の港が しぐれる夜は
連絡船の汽笛に 吐息がまじる
明日の夢より
今夜の夢が あぁ、欲しい
肩をだかれて 飲んだ日の
嘘が恋しい 露地あかり

あれは大島 通いの船か
ひとりぼっちに 夜風がしみる
信じたいのに
すがればいつも あぁ、消える
つかみきれない しあわせに
苦労なじみの 泣きぼくろ

春はいつ来る 瀬戸内つばめ
飛んでおいでよ ネオンの町に
お酒ならべて
とまり木あたり あぁ、ひとり
生きるつらさに 泣けそうな
星が流される 瀬戸港

中村美律子について

1986年 「恋の肥後つばき」でデビュー。1989年 「河内おとこ節」が大ヒット。全国に名を知らしめる。代表作品 ・壺坂情話(1993)人生桜(1997)瞼の母(1991)などがある。
中村美律子の人気歌詞
河内おとこ節

河内生まれの 風来坊は 生きのいゝのが ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

河内十人斬り

「なんかしとんねん はよ去にさらさんかい ...

島田のブンブン

夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りご ...

壺坂情話

見えぬあなたの杖になり 越える苦労の人 ...

大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~

人はこころや銭やない 泣いたらあかん ...

人生一度

泣くな嘆くな 浮世の風に 泣けば明日が ...

わすれ酒

未練心は 涙で流す 恋の傷あと お酒で ...

だんじり

風を喰(く)らって 傾くような 屋台骨 ...

下津井・お滝・まだかな橋

備前、瀬戸内、下津井港 北前船が港に入 ...

華になれ

燃えて散るのも 花ならば 冬を耐えてる ...

オーシャン音頭

琵琶湖の水は 宇治より育ち 木津川と桂 ...

男の盃

よしず囲いの 屋台の隅で なさけほじく ...

かたつむり

あんた背中の その荷物 重いでしょうね ...

人生鏡

人の暮らしを うらやむよりも あなたは ...

段平いのち

あれがあいつが 情なしの 芝居の虫だと ...

女の旅路

冬が来るのに 津軽を越えて 函館港 ...

京都二寧坂

春も待たずに ほころぶ花に そそぐ陽だ ...

人生恋街道

ひとりで生まれた この世でも ひとりじ ...

恋瀬川

雨の雫は 心の雫 あなたとわたしを 結 ...