薄幸花 歌詞

歌:藤あや子

作詞:石本美由起

作曲:浜圭介

捨てて 逃れた 故郷でも
離れてみれば 恋しいものよ
生きる のぞみを 分けあった
あなた 今では 遠い 遠い人

人を待つのは 辛いもの
待たれているのは 尚、辛い
待ちも 待たれも しない身の
ひとり ぼっちは 泣ける 泣けるだけ

野辺の名もない 花よりも
幸せ 薄い 私のいのち
どうせ この世の 旅路には
こゝろ休める 宿も 宿も無い

藤あや子について

89年に「おんな」で華々しくシーンに登場。いきなり、20万枚を越える好セールスを記録した。以来、「雨夜酒」「こころ酒」「女のまごころ」と着実にヒットを飛ばし、不動の地位を獲得。
藤あや子の人気歌詞
むらさき雨情

いのちを惜しむ 私なら あなたについて ...

み・れ・ん

死ねというなら 死ぬかくご できていま ...

紅い糸

死にたいなんて 男のあんたに 言って  ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたり道

降り止まぬ雨などないと 私を強く抱いた ...

雨夜酒

あなたが消えた 雨の中 ひとりぽっちに ...

こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

忘れはしないよ 時が流れても いたずら ...

宵待草

長い黒髪 優しく触れて ひと夜の夢を ...

曼珠沙華

涙にならない悲しみのある事を知ったのは ...

花のワルツ

夢で逢いたい抱かれたい あなたの愛の ...

雨やどり

傘をあなたに 差しかけられて 胸が震え ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

たそがれ綺麗

ときめく女です いくつになっても 艶 ...

泣き鏡

哀しい日は哀しくなれ そう自分に言い聴 ...

哀冬海岸

さよならの後ろから 追いかけてくる み ...

女泣川

しあわせですと 嘘をつく わかってくだ ...

おんな

朝の湯舟で 涙を洗う 私を見ている 窓 ...

忘却の雨

ゆるやかな 坂道を登っていくと 降るは ...

ふたり花

あなたのために 生れて来たの かくれて ...