母から母へ 歌詞

歌:香西かおり

作詞:たきのえいじ

作曲:三木たかし

わがままでした なにもかも
聞き分けのない日々でした
そんな私が母になり
今更ながら そう思う

ありがとう かあさん
旅立つふたりを 見送りながら
流したあなたの涙
いつまでも 忘れはしない

元気でいれば それでいい
心配なんかいらないと
母の手紙を 読み返し
優しい心 かみしめる

いつの日も かあさん
あなたの背中が 私の鏡
迷わず歩いて行くわ
すこやかに これから先も

ありがとう かあさん
まぶたを閉じればあなたが浮かぶ
無邪気に過ごした頃が
よみがえる 昨日のように

香西かおりについて

昭和49年 11才の頃より民謡教室に通う。昭和50年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール入賞。昭和51年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール準優勝。 昭和56年 第四回NTV日本民謡大賞優秀賞受賞。 昭和56年12月~昭和59年12月CBSソニ-で専属歌手契約を結び民謡のシングルを3枚発売。昭和57年 高校卒業後、太陽神戸銀行入社。昭和61年 上京、作曲家 聖川 湧氏に師事、演歌の勉強に取り組みデビューに備える。 昭和63年 5月25日 『雨酒場』にてデビュー。 
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

恋慕川

泣いてすがった この手をほどき あなた ...

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言 ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命(さだめ ...

TOKIO千一夜

逢いたい逢えない いいえ逢いたい 溜め ...

やっかいもの

あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行 ...

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走って ...

新湊慕情

好きで添えない二人なら 何んで逢わせた ...

あなたへ

出会う事も恋におちる事も 思いもせずに ...

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の ...

くちなし悲歌(エレジー)

忘れていた 夢を見たのよ あなたに ま ...

浮寝草

好きになるのは 悲しいことと 知った ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

東京ブルース

泣いた女がバカなのか だました男が悪い ...

かおりの夢は夜ひらく

右へ曲がれという道を 左へ曲がって ...

春陽炎

桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 ...

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶 ...