evesta歌詞検索

水田竜子の歌詞一覧ページです。「八瀬の白梅」、「国東みれん」、「会津のおんな」、「旭川のおんな」、「雨の記憶」など

水田竜子の歌詞一覧

八瀬の白梅

いまも心に 咲いてる花は おまえひとり ...

国東みれん

好きで別れて 旅するなんて 誰があの時 ...

会津のおんな

みちのく生まれは 深なさけ 抱かれる気 ...

旭川のおんな

優(ゆう)佳良(から)織りが 紡ぐのは ...

雨の記憶

雨の音で目覚めた 一人ぼっちの朝 貴方 ...

有明月夜

面影訪ねて 降り立つ町は 肥前(ひぜん ...

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

暗夜航路

生きてゆくのが 下手だから にがさ重ね ...

潮来花嫁さん

潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟で行 ...

伊根の舟屋

壁の日めくり 一枚破り 宿の窓辺で 鶴 ...

うす紅の宿

忍ぶ忍ばず ひと夜(よ)の恋に 咲いて ...

噂の港

北をめざして 函館・小樽 西ゆく船に ...

江ノ島ごころ

忘れられない 別れても おもいで波うつ ...

奥志摩の宿

しぶき舞い散る 鴎がさわぐ 泣けとばか ...

奥飛騨慕情

風の噂(うわさ)に ひとり来て 湯の香 ...

お立ち酒

花の絵すがた 花よめ姿 今日はめでたい ...

女の色気はないけれど

世間のすみで 慎ましく 生きてきました ...

おんなの出船

涙 涙 涙 涙 涙枯れても 枯れるな恋 ...

女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

角館哀歌

恋の残り火 雪で消し 桜の頃には 忘れ ...

桂浜哀歌

黒潮育ちの 負けん気もヨー 恋に溺れり ...

哀しみのエアポート

あなたの出ない 留守電に 「サヨナラ」 ...

木曽川みれん

木曽の御岳さん 墨絵に霞む 旅のおんな ...

北上川恋唄

青き流れに 桜の花が はらはら散ります ...

北国行きで

つぎの北国行きが 来たら乗るの スーツ ...

北山崎

雪と波とが ぶつかりあって 女ごころに ...

京都から博多まで

肩につめたい 小雨が重い 思いきれない ...

霧島の宿

日豊本線 乗りつぐ駅は 南風吹く 薩摩 ...

霧の土讃線

旅の出逢いも さだめでしょうか あれは ...

国東(くにさき)みれん

好きで別れて 旅するなんて 誰があの時 ...

ご機嫌ななめ

水割りをあたらしく 涙の指紋がグラスに ...

酒に書いた詫び状

ひとり飲むなら 見知らぬ街の 誰も知ら ...

笹川流れ

あずけていました なにもかも 夢も さ ...

札幌すすきのエレジー

雪が舞い散る 北の街で ひとつの愛が  ...

白兎海岸

風が織りなす 砂模様 赤く燃えてる 日 ...

新庄恋しや

地図で見たならヨー こんなにも 近くて ...

じょんがら恋唄

雪は解けたか 岩木山 もうすぐ林檎の花 ...

砂の像…鳥取砂丘にて

あなたの愛と 魂(こころ)の広さ 砂丘 ...

宗谷遥かに

生まれ故郷は 北の果て 汽車も通わぬ ...

そして海峡 (令和ニューバージョン)

愛しているよというのなら ついて来いよ ...

ちぎり川

肩に舞い散る 淡雪が こころ細さを ま ...

珍島物語

海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島 ...

天までとどけ御柱

木やり一声 天をつく 綱を引く手に 血 ...

遠野炎歌

山が哭いたら 吹雪になって ふたりの足 ...

土佐のおんな節

かけた命はエー 一本道だ 脇見している ...

道頓堀人情

ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑( ...

トーキョー舞踏曲(タンゴ)

好きだから 抱かれたの 抱かれたら 棄 ...

中洲の雨

別れて忘れる くらいなら 愛していない ...

野付水道

あなた止める手 ふりきって 東京出たの ...

能登島みれん

ひとり旅する 女の宿は 雨の音消す 渚 ...

能登はいらんかいね

欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手 ...

波止場しぐれ

波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに ...

平戸雨情

雨にけむった オランダ橋で 決めたはず ...

舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

ブルー・ライト・ヨコハマ

街(まち)の灯(あか)りが とてもきれい ...

釜山港へ帰れ

つばき咲く春なのに あなたは帰らない ...

紅花の宿

愛しながらも 別れた人の 想い出捨てる ...

星の降る里

闇が深まる いで湯の里は 星が輝き 降 ...

北海一番船

北のオオー 北の 港は雪 雪 雪が降る ...

みちのく隠れ郷

雪をいただく 鳥海山の 麓流れる 白 ...

みちのく夢情

赤く咲いても ゆきずりの花 それでいい ...

みちのく夢情(むじょう)

赤く咲いても ゆきずりの花 それでいい ...

八瀬(やせ)の白梅

いまも心に 咲いてる花は おまえひとり ...

雪椿

やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ...

雪の細道

雪の細道 平泉 なみだ雪降る 金色堂( ...

雪迎え

空に羽衣 舞うように 糸が飛びかう 雪 ...

夢宵酔(ゆめよいよい)

泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故 ...

余市の女

お酒を相手に ひと冬越えて あなた待つ ...

酔っぱらっちゃった

飲めるわよ 酒くらい たかが色つき 水 ...

礼文水道

花の浮き島 最果て航路 漁船(ふね)が ...