evesta歌詞検索

多岐川舞子の歌詞一覧ページです。「Tokyo タイムスリップ」、「明石海峡」、「あなたの女」、「あなたひとりに」、「雨の裏町」など

多岐川舞子の歌詞一覧

Tokyo タイムスリップ

今夜はふたりで 踊り明かしましょう 夜 ...

明石海峡

明石海峡 今日も日が暮れて はぐれ鴎が ...

あなたの女

おまえと一から出直すと ちいさなわたし ...

あなたひとりに

好きであなたに 捧げた命 どこで散ろう ...

雨の裏町

雨の裏町 灯の影で ひとり泣いてる 恋 ...

あんたの海峡

男の愛が さめるから 女の未練が から ...

出雲雨情

あなたと決めた 別れ旅なのに なんでこ ...

一夜雨

心がわりを 恨んでみても 雨が優しい ...

浮草の町

人を押しのけ 生きられなくて へたな世 ...

噂の真相

キャンドルライトが妖しくゆれるから カ ...

越後平野

枯れ葉散らして 吹く木枯しが 夢も連れ ...

男灘

波に頭を どやされて 船は何をッと ...

海峡終列車

風に舞い散る 粉雪が まつげで溶けて ...

海峡たずね人

手紙の消印 手がかりに あなた探して  ...

風の尾道

忘れるための 旅なのに 恋しさばかりが ...

きさらぎの川

雪が哀しく 積もりもせずに 冬の流れに ...

北の恋歌

北の港に 風花舞えば みれんゆすって ...

北の雪船(ゆきふね)

泣くじゃない 俺がいる 抱きよせられて ...

北の雪船

泣くじゃない 俺がいる 抱きよせられて ...

北半島

北東風まじりに 海鳴りが 時化て海峡 ...

紀の川幕情

人目忍んで 紀の川の 水の流れに すす ...

紀の川慕情

人目忍んで 紀の川の 水の流れに すす ...

京都 ふたたび

ひとつ ひとつと 噂集めて たずねて来 ...

京都 別れ雨

別れに涙 見せへんわ 笑顔で送ると 決 ...

霧の城

別れるためだけに 出逢った二人 どうし ...

恋待酒

逢えない夜の なぐさめに 覚えた酒は ...

湖愁

青い湖 たそがれて 霧がしずかに 湖水 ...

嵯峨野路ふたり

迷子のすずめの 竹やぶに 春の光を ど ...

里に降る雪

あんずの枝が 芽吹く頃 帰ってくると ...

信濃川

闇にひと声 夜汽車の汽笛 雪の平野を ...

秋冬カモメ

波がちぎれて 岩場を削る 風は裳裾に ...

新宿たずね人

涙こぼした グラスの酒を あなた取り上 ...

石北本線

未練という名の 傷あとを 連れて女の  ...

津軽望郷譜

三味の太棹 バチ打つ音が 夢の中でも ...

東京雨あがり

明日(あした)を生きる みちづれに わ ...

東京浪漫

昔あなたと住んでいた 線路の脇のアパー ...

鳴き砂海岸

愛にはぐれた 女の胸を 揺する海鳴り ...

七尾しぐれ

雪なら払えば すむものを 芯まで沁みま ...

浪花の雨

夢のしずくか 浪花の雨は 女ごころを ...

涙のワルツ

涙は化粧で 隠しても 隠しきれない 恋 ...

南国土佐に雪が降る

北へ行ったら よかったかしら おもい切 ...

花道

いのち いのち男が 賭ける時 惚れて女 ...

飛騨の恋文

駅舎(えき)に降りれば そこまで冬が ...

ひとめぼれ

他人が泣いてりゃ ほっとけず 買った苦 ...

ひとりぼっちの海峡

ひとりぼっちの 海峡に 赤い涙の 雪が ...

望郷みさき

海が日暮れりゃ 沖ゆく船に ぽつり未練 ...

幻海峡

おんな心の 真中あたり みれん色した ...

みそか酒

雪になりそな 裏町に ひとつ灯りが ま ...

八坂恋物語

しょせんは 添えない仲なのに あの日は ...

雪ほたる

肩で息して とび乗る夜汽車 純情たちき ...

夢灯り

泣くも笑うも 一緒と決めて 肩を寄せ合 ...

夢織り酒場

煙草の空箱 鶴に祈り 飛ばせば涙が あ ...

夢夜景

倖せ探せば 不倖せ 冷たい憂き世の 肩 ...

夜汽車の女

逢えば心が 迷うだけ 別れは手紙で つ ...

夜が泣いている

それじゃアバヨと 口笛吹いて 恋が消え ...

路地裏のれん

あの路地右へ曲がったら いつもあなたが ...