evesta歌詞検索

弦哲也の歌詞一覧ページです。「安芸の宮島」、「天城越え」、「暗夜航路」、「潮来雨情」、「犬吠埼~おれの故郷~」など

弦哲也の歌詞一覧

安芸の宮島

ひとりで旅する おんなの背中 泣いてい ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

暗夜航路

生きてゆくのが 下手だから にがさ重ね ...

潮来雨情

後を引くのは 判っていても 想い出づく ...

犬吠埼~おれの故郷~

荒波が打ち寄せる 岬にひとり立ち あれ ...

裏窓

誰もいない 誰もいない 裏窓ぬらす 雨 ...

演歌

悲しいだろう あんたはいつも 涙なんか ...

大阪セレナーデ

アスファルトに 落とした涙 ヒールで踏 ...

折り鶴の宿

ついてゆきます あなたが 夢を いつ ...

帰り花

季節はずれて 淋しげに そっと一輪 咲 ...

金沢望郷歌

桜橋から 大橋みれば 川の岸辺に かげ ...

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点 ...

郡上夢うた

襖一枚へだてても あなたの寝息がきこえ ...

五能線

どこへ行ったら あなたから 旅立つこと ...

桜、散る海

桜花びら 幾千も 瞳をうずめて 空に舞 ...

新宿の月

新宿で 見る月に 白いウサギは 住めな ...

千年の古都

約束もなく 日が昏れて 衣笠山に 一番 ...

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海 ...

渡月橋

このままでいいね そうねこのままで あ ...

友よ、

友よ、 一番列車は もう着いたか 街 ...

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の ...

夏井川

空にたなびく 春霞(はるがすみ) 続く ...

橋場の渡し

蝉は三日で 蛍は二十日 いのち限りに  ...

花も嵐も

泣いちゃいけない 涙をおふき 泣けば見 ...

深谷宿ひとり旅

赤城おろしが のれんを揺らし 酒場(み ...

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒 ...

はぐれ蛍が よりそって しあわせ手さぐ ...

御蔵島唄

帰ってくるなと 手を振れば 可愛い我が ...

みちのく挽歌

吹雪まじりに 汽笛が鳴いて ふっとあん ...

やんちゃ酒

お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだ ...

湯涌恋灯り

障子開ければ 外は細雪 寒くないのと  ...

雪の傘

涙の雨より 悲しいことは あなたと歩く ...

ゆめかぜ

髪を押さえる 小指の白さ 胸の思いが  ...

我、未(いま)だ旅の途中

人も疎(まば)らな 駅前の 小さな灯を ...

我、未だ旅の途中

人も疎(まば)らな 駅前の 小さな灯を ...