evesta歌詞検索

和田青児の歌詞一覧ページです。「For My Angel」、「Happy Version」、「仕事の宿」、「哀愁子守唄」、「明日も夢見て」など

和田青児の歌詞一覧

For My Angel

胸にいまあふれてる ただ優しく あたた ...

Happy Version

北風が吹き抜ける 道の途中 君に出会い ...

仕事の宿

親父(おやじ)お袋 達者でいるか 昨晩 ...

哀愁子守唄

ふるさと離れて 流れる雲に 寄せてゆら ...

明日も夢見て

男と女のドラマ 人情 ときめき 涙 演 ...

あなたのおかげです

初めて出逢った あの日から 長い月日が ...

上野発

夜汽車の窓から遠ざかる ふるさとの景色 ...

笑顔

改札口で 傘を持ち 夜ふけに待ってて  ...

演歌海道

世間という名の 大海原に どんと漕ぎ出 ...

エンジンのない舟

肩をお前も たたかれたのか 馬鹿野郎 ...

おとこの海道

ドンと ドンと牙むく荒波が 俺をためす ...

男の懺悔

おまえ無理して 倒れた夜に 俺は芯から ...

おとこ星

肩に冷たい 夜の風 ぐっと唇 かみしめ ...

おもいで走馬灯

独りが好きだと 意地を張るけど ぬくも ...

おもかげ

恋にやぶれた この胸に そっと灯した  ...

俺たち

俺とお前と昔のように 安い酒でも飲んで ...

故郷が呼んでいる

久しぶりだと なじみの店で いつもなが ...

心~こころ~

心 心 心にきめた 歩くこの道 ふたり ...

心の道

いくつもの夢があり いくつかの花が咲いた ...

寿

花よりきれいな 花嫁姿 ついにその日が ...

酒場すずめ

涙という木に 止まった鳥は 人のやさし ...

里ごころ

夕んべも 空見て 涙した ぬくもり恋しと ...

自分

なにげない 景色の中で 人は生きている ...

十九のまつり

祭りの夜に あの娘(こ)が泣いたよ 別 ...

人生ふたり花

花の咲く春 お前と歩く こもれびまぶし ...

人生列車

夢に転んで 怪我しても 若いうちなら ...

青春は終わらない

夕陽が沈む 校庭で 肩組み合った 顔と ...

そんな人生 いつまでも

ふたり歩いた この道に いつか夢見た  ...

くしゃくしゃ顔して 元気に泣いた それ ...

仕事(たび)の宿

親父(おやじ)お袋 達者でいるか 昨晩 ...

東京で一緒に暮そうよ

潮の匂いの はまなす便り おふくろ想う ...

泣かないでくれ

AH 甘いリズムが流れ AH 夜に身体 ...

なきうさぎ

何処まで行っても 岩山ばかり 港の灯り ...

泣き虫

そういえば 最後に泣いたのは いつだろう ...

涙を流す場所

こころ汚した夜は 酒でもくらって 恋の ...

はぐれ雲どこへ

男は後ろを振り向かず 淋しさ道づれに ...

花よ鳥よ

はみ出して暮した頃に 見た夢を握りしめ ...

振り向き橋

振り向き振り向き 小雨の中を おまえの ...

望郷縁歌

こな雪 冷たい 別れの駅で 涙かくした ...

望郷歌

夢を夢をナー でっかい夢を 抱いて来た ...

望郷の道

夕焼けが 涙でにじむ 別れの駅を 思い ...

ぼちぼち

皆(みんな) 変わりは ないですか ぼ ...

みんなの世界

うたおうよ わらおうよ みんなで輪にな ...

燃えて咲け

降りそそぐこの雨に 昔を思うなら 心の ...

約束

夢を追いかけ 故郷(ふるさと)離れ こ ...

雪の花

いつも自分を あとまわし 俺に尽くして ...

夢さすらい

津軽じょんがら 背中で聞いて ひとり上 ...

夜雨

ポツリ ポツリ 雨の音が 胸にしみる  ...

竜虎伝

虎は千里の 道をゆく 竜は天へと 翔け ...

リンゴのふる里へ

親の意見も あの日のまんま 不幸重ねて ...

別れの海峡

泣いてくれるな おまえのことは 死ん ...

忘れ風鈴

窓の風鈴 鳴る音わびし 呼んでみたっ ...