evesta歌詞検索

南沙織の歌詞一覧ページです。「Ms.」、「MUSIC MAKES OUR FUTURE」、「哀愁のページ」、「愛の序曲」、「秋の午後」など

南沙織の歌詞一覧

Ms.

思いきり砂浜を走るの こだわりなんて捨 ...

MUSIC MAKES OUR FUTURE

時が過ぎ去って そして 新しい夜明けに ...

哀愁のページ

Say do you know what ...

愛の序曲

いつかこんな夕暮れ やはり風に吹かれて ...

秋の午後

秋 歌えば枯葉がひとひら 恋をしていた ...

あとずさりする月日

いつの間にやら たぐり寄せられ ほどけ ...

あなた

もしも私が家を建てたなら 小さな家を建 ...

あの手この手

あの手も この手も 姑息なものはだめよ ...

あの場所から

白いベンチに 腰かけながら 遊ぶ鳩を  ...

いつか逢うひと

あなたに 逢える日まで 私はひとりで  ...

色づく街

今もあなたが好き まぶしい想い出なの ...

美しい娘たち

貴女には笑顔が似合う 淋しい顔は忘れる ...

想い出通り

恋人は底抜けの顔で 街角で楽しんだもの ...

哀しい妖精

いくつの手紙出せば あなたに逢えるかし ...

傷つく世代

逢えば逢うほどあいつ とても謎なの 優 ...

昨日の街から

夜汽車を 乗りつぎ はるかに 行きたい ...

この街にひとり

はてしなく 蕎麦(そばむぎ)がゆれてた ...

五番街のマリーへ

五番街へ行ったならば マリーの家へ行き ...

ご無沙汰

あなたから 何の返事もないままに いつ ...

魚たちはどこへ

春の魚たちは どこへ 消えていった 踊 ...

さよならにかえて

ある日晴れた朝を選び 私だけで旅立つ ...

さらば恋人

さよならと書いた手紙 テーブルの上に置 ...

潮風のメロディ

潮風に吹かれると 想い出すあなたのこと ...

潮風のメロディー

潮風に 吹かれると 想い出す あなたの ...

しなやかなケ・ダ・モ・ノ

恋という名のしなやかなケ・ダ・モ・ノ ...

島の伝説

舟をつないだまま ぬれて愛したひと ...

17才

誰もいない海 二人の愛を 確かめたくて ...

純潔

嵐の日も 彼とならば お家が 飛びそう ...

女性

雪どけのせせらぎが大好き そのやさしさ ...

透き通る夕暮れ

めぐり逢いたいの私 海のような大きなひ ...

素晴らしいひと

窓辺でうたう 愛の歌が好きよ 私の胸は ...

青春が終る日

生きてゆく間には 何度かのさよなら あ ...

青春に恥じないように

朝起きて鏡にむかうと 輝く私が映る ...

早春の港

ふるさと持たないあの人に 海辺の青さ教 ...

ともだち

夕焼けにさそわれて 町角をただひとり ...

なぜかしら

何故か出逢っちゃった 何故かあなたに ...

夏色のおもいで

きみをさらってゆく風になりたいな きみ ...

夏の感情

みな許してみたいの すぎた日々の出来事 ...

春の愁い

めざめには覚えてた夢も あとかたなく忘 ...

春の予感~I've been mellow~

皮肉なジョーク 追いかけるのは もうお ...

ハロー・シャンペン

ラタンの椅子で待ちうければ 軽い足で近 ...

バラのかげり

恋する朝は バラの小枝を摘んで 貴方の ...

ひとかけらの純情

いつも雨降りなの 二人して待ち合わす時 ...

人恋しくて

暮れそうで暮れない 黄昏どきは 暮れそ ...

ひとねむり

さりげなく どうぞ 包んで 欲しいのよ ...

人のあいだ

わけもないのにつらい日は やさしい人に ...

ひとりぼっちの部屋

今ひとり 部屋の隅にいて 今ひとり ひ ...

ひまわりの小径

あなたにとっては 突然でしょう ひまわ ...

ファンレター -SO GOOD SO NICE-(Remix version)

裸足の娘が走る 渚にヒールを捨てて ...

ふたり淋しがりや

あの人 白い花の好きな人 言わないけれ ...

目の中の春

北国へあてて遅い春が 速達を出すらしい ...

もう一人

住みなれたはずの街角を 旅人の顔してあ ...

ゆれる午後

まねしてのんだタバコにむせて 今日はあ ...

夜霧の街

どこでさよなら 言えばいいかしら ふた ...

よろしく哀愁

もっと素直に僕の 愛を信じて欲しい ...