evesta歌詞検索

CHAGE and ASKAの歌詞一覧ページです。「36度線―1995夏―」、「ADIOS SENORITA」、「B.G.M」、「BAD NEWS GOOD NEWS」、「BELIEVE IT?」など

CHAGE and ASKAの歌詞一覧

36度線―1995夏―

紅いお日様が 海に浸かるころ 紅茶のテ ...

ADIOS SENORITA

娘たちの衣装があでやかに 石畳を彩れば ...

B.G.M

春を待つ朝の風が レースをゆらして ...

BAD NEWS GOOD NEWS

BAD NEWS あいつに 裏切られてた ...

BELIEVE IT?

喉の渇きで目覚めて うなる頭を持ち上げ ...

BIG TREE

海の上にそびえる不思議な木を 大きな旗 ...

Born the trap

風のない重っ苦しい舞台の袖で 俺達 右 ...

Break an egg

楕円の壁 つつき割って 光をうけた小鳥 ...

BROTHER

フタを開けたなら 結局最後はこうだ 考 ...

C-46

懐かしい歌をレコードで 聴いてみたくなっ ...

can do now

ふと目を覚まして 女の顔を見た 他にや ...

Castles In The Air

From the darkness to ...

CAT WALK

囁くように ベルが鳴る 彼女は 受話器 ...

CATCH & RELEASE

モザイクの中の コザイク見つめてるの b ...

Count Down

Count Down 3・2・1 Da ...

CRIMSON

赤を打ちつけろ 真っ赤な時間に転がれ ...

crossroad~いまを生きる僕を~

忘れようと 寄せる時間に 押されてきたけ ...

Darlin'

とても 愛してるわ Darlin' やさ ...

DIAMOND SAND

時はサラサラと こぼれ落ちるけれど 君 ...

DO YA DO

何もないような 振りが出来なくて つい ...

Don't Cry, Don't Touch

Don't Cry 夢を引き裂く夜のダイ ...

Energy

目覚ましがわりに 道路じゃ工事の バイブ ...

EXPLOSION

見つめているだけじゃ 息が詰まりそうさ ...

Far Away

紅い爪を 夜の真ん中で切る 月の輪より ...

Fifty-Fifty

街のはずれには ころがるBudweise ...

From coast to coast

また人を傷つけた 氷の言葉が尖る 流さ ...

Gently

君のために 眠れぬ夜 あったことを話し ...

GUYS

シャツの袖を引き裂かれそうな 女がいいね ...

HANG UP THE PHONE

ドアボーイの横を抜け 鍵を鳴らしながら ...

HEART

振り向かなくても 何処かで愛していたはず ...

Here&There

なにかを知りたい 次のページへ行きたい ...

higher ground

ツンとこめかみの辺りを 針で刺されたみた ...

HOTEL

土曜日のホテル街 やっと見つけた部屋 ...

I'm a singer

差し込んでくる 斜めに差し込んでくる ...

if

帰り道の風のように 君を抱いて行こう ...

J's LIFE

綺麗な涙だね このまま めぐわずに ...

Key word

こうなるような気がしたから 言葉は決め ...

Knock

Um YESと言いそうな Um 女を選ん ...

LONDON POWER TOWN

※Oh LONDON POWER TOW ...

Love Affair

ドキドキは 恋のシンクロ信号 抱きたく ...

LOVE SONG

聴いた風な流行にまぎれて 僕の歌がやせ ...

Man and Woman

Sky and Land Black a ...

MARGARITA

バラの似あう おまえとひと目惚れで か ...

mebius

好きと嫌いの二つで遊ぶ 生き残りゲーム ...

MESSAGE

Love Message For You ...

MIX BLOOD

生命のふるさとは 幻に沈むバビロン 恋 ...

MOON LIGHT BLUES

お願いだから 今夜はそばにいて とても ...

MOZART VIRUS DAY

朝も夜も変わらない 同じ口調のアナウンサ ...

Mr. ASIA

体をつらぬいたよ ここまで来て シラケ ...

NATURAL

愛しているのか迷っても 一緒に居たいの ...

no doubt

ここに君は頭をのせ 寝息をたてた 僕の ...

no no darlin'

土曜の夜は朝まで君を抱く 窓の外 過ぎ ...

NO PAIN NO GAIN

小舟のように傾きながら 君と揺れながら ...

not at all

脱げないシャツのように 張り付いた日々で ...

O Domine

やさしい寝息が聞こえてきそう 夢みてるの ...

On Your Mark

Ah…wow wow wow…yeah ...

One Day

確かに今日は恋人のクラクション 受け止め ...

PLASTIC KISS

彼女は確かに イイ女かも知れないが き ...

PRIDE

思うようには いかないもんだな 呟きな ...

Primrose Hill

小高い丘に 寝ころんで 斜めに傾く 君 ...

RAINBOW

ふたりの写真を 暖炉に投げて まばたき ...

Rainy Night

※傷口がうずいてた サヨナラの夜を見て ...

Reason

届きそうなくちびる 抱けない肩 触れ ...

Red Hill

まぶたを閉じれば やさしいうねりで 流 ...

ripple ring

長い話を 置いたら ここまで おいでよ ...

river

どのくらい信じてるのか 尋ねはしないけど ...

ROLLING DAYS

死んだ魚みたいな飛行船が街を泳いでた ...

SAILOR MAN

ラッシュアワーの すき間から 胸を焦が ...

SAY YES

余計な物など無いよね すべてが君と僕と ...

Sea of Gray

今夜逢えなけりゃ 乾いちまう なんでこ ...

SHAKIN' NIGHT

暮れ行く街並 見おろしながら 待つ身の ...

SHINING DANCE

イツモ イツモ ナニカニ オビエテ yo ...

SOME DAY

二人 風の音聞いてた 草の葉が寄り添う ...

Something There

I'm so alone in a cr ...

Sons and Daughters ~それより僕が伝えたいのは~

雨にも風にも 負けない心で 涙も見せず ...

swear

容易いことだけ 手を伸ばしていたんだ ...

TAO

輝くもの 導くもの 形のない それは ...

TEKU TEKU

ほんのはずみで ローリングストーン 気 ...

the corner

妙にのれないことばかりで 風の匂いや消え ...

THE TIME

どんな大事なことも どんな馬鹿げたこと ...

TIME KEEP DANCER

結ぶネクタイ鏡の向こう 服をつかんで飛 ...

tomorrow

今日から明日に変わるだけ 夜の川をひと ...

Trip

摩天の森が呼吸をしてる 恋人達は呑み込ま ...

TURNING POINT

ショーウィンドゥに飾られた 世の中が ...

TWILIGHT ZONE

激しいワルツはいかが 嘘で固めた愛はいか ...

two of us

道玄坂登りきって 次の交差点 右へ ゼ ...

VISION

とりあえずふたりはここまで来たね あの ...

WALK

眠れないままに朝の光を仰いだ 入れ変わ ...

Wasting Time

決して萎れない花 光に翳(かざ)した ...

WHITE NIGHT, WHITE MOON

On this cold and bus ...

WHY

感じてた君のこと 力つきた二人だから ...

YAH YAH YAH

必ず手に入れたいものは 誰にも知られたく ...

YELLOW MEN

3日も寝てない かなりのノイローゼ 貝 ...

You are free

振り返らない人を見てる 僕にできること ...

光の羅針盤 album ver.

かけがえのないあなた 自分より大切な人 ...

36度線-1995夏-

紅いお日様が 海に浸かるころ 紅茶のテ ...

愛すべきばかちんたちへ

風にのせて この想いを届けよう 忘れか ...

赤いベッド

Love Time 更紗ドレスに セイ ...

遠ざかる 遠ざかる 愛した人の足音 別 ...

あきらめのBlue Day

ペンキで落書きだらけの 煉瓦の壁にもた ...

明け方の君

慌てて履いた靴で 朝の駅に向かう 信号 ...

アジアンレストランにて

Doesn't matter that ...

紫陽花と向日葵

接吻が長すぎたようで 僕が目を開ける ...

熱い想い

今までのぼくの道程は 君に逢うためのも ...

あとまわし

私は2の次 3の次 あなたは歌に狂う人 ...

あの娘にハ・レ・ル・ヤ

灼けついた 夏のヒロインは 太陽なんかじ ...

あばんぎゃるど

白い溜息を吐く 南へ向う汽車が 赤い鉄 ...

ある晴れた金曜日の朝

なんだか街はパレード 大騒ぎ 鼻歌も消 ...

アルマジロ・ヴギ

Woo 今夜は踊ろうぜ Baby Wo ...

安息の日々

いつの日も 私は見えない道を たよりな ...

いろはにほへと

宵闇にうつらうつら ひざ枕くずされ くら ...

「愛しい女よ」の文字を 読み返し束ねた ...

噂のトラブル・メーカー

太刀打ちできないよ いかれた思考回路 ...

NとLの野球帽

もくもくと煙を吐き出す 工場の敷地の裏に ...

男と女

誰もが一度は ひき返す道 二人でここま ...

お・や・す・み

窓にうつる白い雪が ゆらゆら落ちてゆくよ ...

オンリー・ロンリー

あきらめましょうか オンリー ロンリー ...

カーニバル

誰もが 誰もが 同じ顔をして 騒いでる ...

鏡が映したふたりでも

悩みじゃなくて 哀しみ痛みとは言えなくて ...

かけひき

振り返る二人は 黄昏時のシルエット 恋 ...

風のライオン

力まかせの 喧嘩じゃ負けない それが絵 ...

風舞

風は愛を追うごとに音をたててく いつか ...

北風物語

あなたの足音 北風に消えた 二人を結ん ...

君の好きだった歌

君が残した brother sun an ...

君はなにも知らないまま

どこで恋を 間違えたの 君は自分を責め ...

キャンディー・ラブになり過ぎて

聞きたくもない 週末のスケジュール 話 ...

キューピッドはタップ・ダンス

殺気を感じて とってもギクシャク さっ ...

今日は… こんなに元気です

思い出の街 あたらしい陽射しが 僕のう ...

くぐりぬけて見れば

あんなに苦しんでた 時間はもう 過ぎ去 ...

クルミを割れた日

幼子の歩く日は サーチライトの中 ミュ ...

幻夜

気がつけばお前と俺は すれちがいの か ...

恋人はワイン色

すれ違う 君に見とれて スローモーショ ...

恋はア・ヤ・フ・ヤ

ひざまで波にとける おまえ 呼んでもふ ...

荒野

その時俺は夢の中 道は空へゆれていた ...

告白

あなたとみつめあうのは ひと前でするキス ...

心のボール

空高く 蹴り上げた ボールが 落ちて来 ...

この愛のために

少しイケテルと 思うと決まって 津波の ...

この恋おいらのからまわり

もどっていいよ 強がりじゃない あいつの ...

琥珀色の情景

木の葉が舞い落ちる 西陽のあたる部屋で ...

今宵二人でX'mas

淡いシャンペンのグラス鳴らして 始まるパ ...

今夜ちょっとさ

一度ふくれたら もう言葉じゃ追えない ...

御意見無用'82

俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の ...

御意見無用

退屈すぎる生活(くらし)にあきたら ひ ...

砂漠のイリュージョン

紅なら赤がいい つかむ薔薇の棘に 落 ...

さようならの幸せ

こんなにも 愛しすぎて さよならが 言 ...

さよならは踊る

終わりにしようなんて おもしろいジョー ...

失恋男のモンタージュ

枕のかわりのクッションに きつく顔をうず ...

シナリオ

長い夜が 頬のしずくぬぐえないまま ...

終章 (エピローグ)

最後の言葉を さがしていたのは あなた ...

焦燥

つまずきながら 時が流れたそのあとで ...

少年

吹けもしないトランペットを いつも僕は ...

ショート・ショート

皮肉ね わたしの言葉 今夜も裏返しで伝 ...

シルバーパラダイス

繰り出した街はまるで 星が降りたよう ...

シングル・ベッド

ジェットの音で目覚めた朝は 昨夜のウォ ...

自由

DOWN TOWNに鐘が鳴る 夜明けを ...

好きになる

そこへ行こうとするから いつも 水の中 ...

すごくこまるんだ

すごくこまるんだわかるけれど 胸に倒れこ ...

砂時計のくびれた場所

闇に溺れそうな 星に包まれて 僕はあな ...

スローダウン

切れ味悪いシェーバーだから 今にも 眠 ...

青春の鼓動

それは戦闘機みたいな音になって (戦闘機 ...

世界にMerry X'mas

Merry X'mas 世界に X'ma ...

絶対的関係

右の耳のイヤリングをはずしおえたら は ...

ゼロの向こうのGOOD LUCK

ドラスティックな奴は 言葉のナイフ立て ...

ソプラノ

ふたりは甘く 痛い 言葉より許した背中 ...

そんなもんだろう

どれだけ心から願っても どうにもできな ...

標的 ~ターゲット~

ダンス気分のままで 指を鳴らして 恋 ...

太陽と埃の中で

名前も国もない 生まれたての元気 al ...

黄昏を待たずに

S字型スロープ滑るハイウェイ 広がる空 ...

黄昏の騎士

旅立つ心をとぎすまし 黄昏の都あとにする ...

抱いたメモリー

5年ぶり? それ以上? あれは春 さよ ...

だから…

何も語らず 何も聞こえない 冬の夜空が ...

誰かさん ~CLOSE YOUR EYES~

呼び出した 真夜中すぎ どうしたの?と ...

誓い

砂煙舞い上がり 地平線さえも見えない ...

地球生まれの宇宙人

優しい人と居ると優しくなる 君が意地悪 ...

月が海にとける夜

月灯りの海が みたくなった 君の微笑み ...

月のしずく

哀しい時にだけ 現われる空がある 漂泊 ...

今 おまえを奪い去って 誰もいない地球 ...

天気予報の恋人

君の愛は信じてる 天気予報くらいにね ...

東京CARRY ON

空を撃つ ビルの街 吹きぬける風を払い ...

東京Doll

愛がないと言って泣いた そんな東京Do ...

背中の声に 耳を押えて 雨の階段 駆け ...

どのくらい“I love you"

I know You know 秘密の ...

長い雨のあとに

長い雨のような 淋しさに 心は濡れていた ...

流れ星のゆくえ

甘い愛のあとは 深い夜 見つめながら ...

なぜに君は帰らない

There is no forgivin ...

謎2遊戯

妖しく際どく ほら 悩ましく くすぶる ...

夏の終わり

言葉をなくして 無理して笑って ため息 ...

夏は過ぎて

曲がりくねった細い道 揺れて過ぎたる紬の ...

涙・BOY

どしゃぶりに髪をぬらして 君はひとり R ...

201号

こんな場所に挟んでたなんて 思わなかった ...

21世紀

輝く星たちが見守る南の海で 僕は女神と ...

Newsにならない恋

ドキドキしてない ハラハラしてない そ ...

濡れた夢

積まれた書類のような 重さに似ている ...

熱帯魚

夜の無い水の中の 泳ぐ絵を見てた ぼく ...

熱風(僕はMusic)

逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅び ...

眠ったハートに火をつけて

女の歴史が変わる前から 熟したワインはい ...

野いちごがゆれるように

指を折りながら 想い出すのは いつか愛 ...

花暦

春は一夜の桜の宴 浮世の盃 花をつぎ ...

華やかに傷ついて

影がゆれる 別れを告げてる あなたの影 ...

万里の河

遠く遠く 何処までも遠く 流れる河で ...

パパラッチはどっち

混ざり合うミラクル 背中合わせのルーム ...

パラシュートの部屋で

空から ※この部屋にパラシュートが ...

悲炎

眠れぬままに 夜が逃げてゆく ひとつに ...

光と影

涙がこぼれて ほら 君の頬をつたわるのは ...

光の羅針盤

使い古された言葉ほど せつなくて だたう ...

HIDARIMEが感じてる

よそゆき顔して恋人を待つ女 自分の姿を ...

ひとり咲き

とぎれ とぎれの 話はやめてよ あんた ...

ピクニック

口笛吹いて 空を見上げた 口笛吹けば  ...

不思議の国

La La 光る森をぬけたところにある ...

不条理なkissを忘れない

そして君は「綺麗だね」って どんな時も ...

ふたりなら

ここにたどり着いた 迷い選んだ道だ 褪 ...

冬に置きざり

あなたはもう 春に向かって歩きだした ...

冬の夜

お前の声が耳に残る こんなけだるい冬の夜 ...

ベンチ

もう少しここで 海を眺めてたい 丘の上に ...

旅浪人

風立ちぬ心悲しき かりそめの時は消えてゆ ...

星屑のシャンデリア

愛する乙女よ 今宵ベールは脱いで 夢見 ...

刹那すぎる霧笛は(ふたりを包んで) 愛 ...

僕がここに来る前に

菜の花の向こうにある キャベツ畑に行こう ...

ボクラのカケラ

それでいて いい奴だねって 言われても ...

僕はMusic

ほんとはここにはなにもない ただ真っ白 ...

僕はこの瞳で嘘をつく

本気でこんなこと言えないよ 言葉の迷路 ...

僕は僕なりの

何も知らないくせに 馬鹿だな いつまで ...

ボニーの白い息

イヴの夜だから 少し決めこんで 飲み過 ...

ボヘミアン

ボヘミアン 破れかけのタロット投げて ...

待ちぼうけ LONELY TOWN

無口なウェイトレスをからかってみても ...

マドンナ

絹の靴下 おろしながら なやましげに ...

真夏の国境

燃えさかる街を さまよい歩いた 地平の ...

真夜中の二人

僕が残した 気の抜けた缶ビール 君はひ ...

マリア(Back To The City)

Back to the city, He ...

マリオネット

たくみな男にかかれば 女はただのマリオネ ...

Mr.Jの悲劇は岩より重い

fee fee fee fee, I D ...

ミステリー

君は Ah-Ahミステリー 解き明かせ ...

水の部屋

扉を開けたら 雨の中の自転車 古い写真 ...

港に潜んだ潜水艇

口の中に薬を撃ち込まれた気分さ あちら ...

南十字星

青さがしみる 窓越しの空 胸のきざみは ...

魅惑

遥かなる時を 越える おまえ 遥かなる ...

群れ

いつまでも俺を あの日の姿で 閉じ込め ...

迷宮のReplicant

霧のさ中を かきわけながら 夜の高速  ...

めぐり逢い

この願い 誰かこの願い いつまでも 鍵 ...

メゾンノイローゼ

404ノウワキナオンナ 銀ノナイフデ夜 ...

もうすぐだ

夏の焼けた石を耳に当てる 水の落ちる音 ...

もうすぐ僕らはふたつの時代を超える恋になる

そんなことで 妙に反応しちゃうのが君だけ ...

モーニング ムーン

Ah Ah 午前五時 時間は二人を朝にし ...

モナリザの背中よりも

星が止むまで 朝に帰るまで 君の名前呼 ...

やさしさの向こう側

テーブルはさんで今夜だけ 無口に紳士を ...

やっぱりJAPANESE

Midnight blue Midnig ...

俺の心がゆれる お前の顔がゆがむ 俺の態 ...

誘惑のベルが鳴る

Oh Rin-Ga Rin-Ga Rin ...

指環が泣いた

指がちぎれてしまうほど強く 無理に外し ...

青い月の下の 白い森の中に 迷い込んだ ...

夢を見ましょうか

夢を見ましょうか 星空の 輝く糸をつなげ ...

夢から夢へ

ひとりでひざを抱えて眠るは あじけないだ ...

夢のあとさき

涙は紫 心は真紅の薔薇 星屑の入江に ...

夢のかなた

この手を男の肩に そこそこまわしながら ...

夢の飛礫

ゆるやかに あなたへ つながる やりき ...

夢の番人

最後に触れた夜を 思い出せないまま眠りに ...

ゆら・ゆら

酔いどれ あなたの口から思わずこぼれた ...

夜明けは沈黙のなかへ

そんなにも 君はそんなにまでも 閉ざさ ...

夜のうちに

小さな箱の中 並ぶ人形 ガラスの手に光 ...

夜のジプシー

甘い言葉を 今宵も投げかける 陽気な朝 ...

ラプソディ (狂想曲)

街は夜毎の 狂想曲(ラプソディ) まぶ ...

お気に入りの 映画をまた 君とふたりで ...

流恋情歌

やけに冷たい雨が降る 傘もささず一人歩き ...

レノンのミスキャスト

ジョン・レノンのニュースが 街をうずめ ...

ロケットの樹の下で

「そこから見えるすべてが今の俺だ」と笑う ...

ロマンシング・ヤード

Subway のドアに押されてまぶたを閉 ...

ロンリー・ガール

※振り返る側に 春はもういない 夕べの ...

わき役でほほえんで

彼女とうまくいってないみたいね 不機嫌 ...

私の愛した人

あなたの愛したものが急に ゆがんで見える ...