evesta歌詞検索

石原詢子の歌詞一覧ページです。「逢いたい、今すぐあなたに…。」、「紅い月」、「アカシアの雨がやむとき」、「明日坂」、「あなたと生きる」など

石原詢子の歌詞一覧

逢いたい、今すぐあなたに…。

粉雪舞い落ちる 海岸通り 見慣れた景色 ...

紅い月

ひとり恋化粧 ときめくこころで夜の道 ...

アカシアの雨がやむとき

アカシアの雨にうたれて このまま死んで ...

明日坂

愛の荷車 ふたりで引いて 夢の架け橋 ...

あなたと生きる

逢うも別れも 人の縁 まして男と 女な ...

あなたにとまれ

愛しちゃいけないあなたに惚れた それが ...

あまやどり

やりたいことも あるだろに 他人(ひと ...

雨の居酒屋

お酒並べて あなたの分も 飲んではみて ...

一途

指先 ひとつ 見ただけで あなただって ...

淡墨桜

下へ下へと 根を伸ばし 雨風 嵐に 耐 ...

大阪おかん

飴(あめ)ちゃんあげるで 遠慮はいらん ...

おもいでの雨

むせび泣くよに 降る雨が 女の胸に し ...

おんな雨

傘もささずに 追いかけた あの日も小雨 ...

おんなの涙

髪をとかせば あなたの匂い こぼれて切 ...

女の花舞台

涙拭くたび 艶(つや)が増す 女という ...

おんなの春

他人には見えない あなたの心 惚れた私 ...

女の祭り

夢の大輪 花火にのせて ドンとあげたい ...

風よ吹け

夢という名の 女の人生(みち)に あり ...

きずな酒

夢のようです あなたと二人 さしで飲む ...

北しぐれ

倒れた徳利と こぼれたお酒 窓打つしぐ ...

黒田節 (詩吟「名鎗日本号」入り)

酒は飲め飲め飲むならば 日の本一の此の ...

郡上の詩

着物姿が よく似合う白いうなじの愛しい女 ...

偶成

少年老い易く 学成り難し 一寸の光陰  ...

化粧なおし

カモメおまえも 淋しいか 波止場が寝床 ...

恋岬

あなたと過したみじかい春も 今は帰らぬ ...

こころに春を

生きてゆこうよ 険(けわ)しい人生(みち ...

寿 契り酒 (詩吟「結婚を賀す」入り)

婦(つま)となり 夫となる めでた ...

寿 契り酒

めでためでたの 夫婦の門出 命重ねる  ...

この世で一番好きな人

お前は花なら 白ぼたん あなたに言われ ...

桜貝のかほり

なぜ好きなのかわからない なんで燃えて ...

細石~さざれいし~

明日(あす)を夢見て 幾年月を あわて ...

細石~さざれいし~(詩吟「細石」入り)

明日(あす)を夢見て 幾年月を あわて ...

さよなら酒

うわべばかりで 恋した頃じゃ 分らなか ...

桟橋

風にもつれて 海猫鳴けば なぜか心は ...

しあわせの花

ほれてほれられて ふたりになったから ...

すみだ川夜曲

灯おとして 暖簾を入れて もすこし独り ...

千年先まで…

ねんねんころりの 子守唄 ぽかりぽかり ...

七夕哀歌

杜の都の 短い夏を 七夕さんの 灯が揺 ...

美ら島恋歌

南風に吹かれて 椰子の葉ゆれて 白い砂 ...

散るは涙か花びらか

渇いたままの 唇に 散るは涙か 花びら ...

月見草

待てど暮らせど 戻らぬ人を 呼べば日暮 ...

月夜荒城の曲を聞く

榮枯盛衰(えいこせいすい)は 一場(いち ...

手鏡

捨てないで 捨てないで あきらめきれな ...

通り雨

女は 淋(さみ)しいね 女は せつない ...

なごり雨

雨のしずくは 切れるけど 払い切れない ...

涙に抱かれて

二度と恋など 出来ない程に 傷あと残し ...

濃尾恋歌

伊吹(いぶき)おろしが 刺すよに吹けば ...

ハナミズキ

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこ ...

浜唄

沖のかもめが 別れをせかす わたし港で ...

遥かな道

雨が降る日は 雨の中 風の吹く日は 風 ...

春航路

凪(な)ぎてやさしい 青い海 心もいつ ...

稗搗之歌

屋島之浜 壇の浦の辺(ほとり) 平家の ...

人恋しぐれ

幾つになろうと 女の胸は 叶わぬ恋に ...

ひとり日本海

風が髪をそっと撫(な)でる 波のしぶき ...

ひとり酔いたくて

「はぐれ鴎が 涙浮かべて 北へ飛ぶ」 ...

白虎隊 (詩吟「白虎隊」入り)

戦雲暗く 陽は落ちて 弧城(こじょう) ...

富士山

仙客(せんかく)来(きた)り遊ぶ 雲外の ...

ふたり傘

傘に寄りそう 温もりが 雨の夜道に 灯 ...

ふたり川

身を切る冷たさ 世間のつらさ 耐えて流 ...

ふたりづれ

逢いたさを 手酌の酒に 待てばせつない ...

ほたるのふる里

白い花びら 木曽揖斐(いび)川に 咲け ...

ホレました

この身を裂かれても あなたと逢いたい ...

本能寺 構成吟

本能寺 溝は幾尺(いくせき)ぞ 吾が大 ...

三日月情話

あれは真夏の三日月の夜 抱かれりゃきっ ...

港が見える丘

あなたと二人で来た丘は 港が見える丘 ...

港ひとり

港坂道 カラコロと 下駄を鳴らして 桟 ...

みれん酒

お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは ...

山行

遠く寒山(かんざん)に上れば 石径(せっ ...

夕霧海峡

あの人を 連れて連れて連れて行くなら ...

雪散華~ゆきさんげ~

空をちぎって 雪が舞う あなたの背中に ...

雪散華

空をちぎって 雪が舞う あなたの背中に ...

よりそい草

あの町この町 流れてきたの 浮草みたい ...

リンゴの唄

赤いリンゴに 唇よせて だまって見てい ...