evesta歌詞検索

長保有紀の歌詞一覧ページです。「相生春秋」、「雨やどり」、「あんたの艶歌」、「一緒に生きたい」、「うきよ川」など

長保有紀の歌詞一覧

相生春秋

旅はみちづれ 夜更けの雨が 苦労承知の ...

雨やどり

泣いて 別れる 人ならもっと 馬鹿ね尽 ...

あんたの艶歌

俄かの雨に ひとつ傘 あんたに余計 差 ...

一緒に生きたい

いろいろあった 男と女 赤い絆を たぐ ...

うきよ川

生きるつらさも 嬉しさも 乗せて流れる ...

嘘の花

あんなに愛した 人なのに 今では他人の ...

うわさ雨

夜雨小雨の 降る街で 私を泣かす うわ ...

越後海道

こころ残して 身を引く恋は いつの日消 ...

遠州恋しぐれ

富士は赤富士 太田の川に 船は浮きもの ...

お色直し

涙でかすむ この目にも ひと際映え ...

大阪なさけ

ここで生まれて 育ったからか 浪花こと ...

大阪無情

やさしい嘘で 抱かれた夜の 思い出酒場 ...

おさけ川

誰も好んで 泣くために 恋はしません  ...

お酒でワルツ

優しい男は 嘘つきだって 港のカモメも ...

おしろい天使

両親の都合で 生まれおち 家の都合で ...

女ごころ

ともる灯りの あたたかさ 浮かぶ面影  ...

女酒

寂しさに これ以上 耐えきれず 呑む酒 ...

女の帰郷

手のうちに 残ったものなどないけれど ...

おんなの浪花節

三月(みつき)もったら お慰み おため ...

女磨いてきちゃうから

愛してね 愛してね 離れていても 神様 ...

火縁

あなたとわたしの 縁(えにし)をひねり ...

風待港

船は千来る万来る中で 貴方の船をこころ ...

外国船

湊が見える酒場の隅に 別れの手紙 置い ...

北風酒場

北風シュルシュル こんな夜は 誰かのや ...

木曽路の雨

話し上手で 聞き上手 別れ上手な 男( ...

虞美人草

今でも時々 夢にみて 逢いたくなります ...

玄界情話

酒と度胸じゃ 負けない人も 芯はやさし ...

更衣

終わった愛の 破れ着は そのまま着てて ...

酒匂川

あなた見送る 東海道の 旅は朝発(だ) ...

酒唄

思い断ち切る 酒なのに 飲めば心が 燃 ...

酒春秋

酔っていいかしら ねぇあなた きゅんと ...

さすらい夜曲

流れ流れて この町で 送るこの世の 春 ...

さだめ舟

おもては雨と 嘘ついて 帰る背中に す ...

しのび川

さだめに負けて 別れた人を 忘れるはず ...

清水湊の女

男が一人に 女が二人 うまく行くはず ...

下北みれん

命まるごと 焦がした恋を 水に流して ...

昭和流行歌

酒に浮かれる 男です 酔って泣くのが  ...

城ヶ島雨情

好きで別れた 人ゆえに いまも消せない ...

情をかけて

抱いて欲しいと 泣き濡れて すがれば逃 ...

人生

父と呼べない男のあとを 形振(なりふ) ...

人生(ブルース)

父と呼べない男のあとを 形振(なりふ) ...

泉州恋しぐれ

惚れた私にゃ 気のないあんた 岸和田イ ...

そばがいい

あなたといつも 暮せるならば 何もいら ...

谷瀬の吊り橋

すがりついても この橋を 渡りたかった ...

露の花

私も好きよ あなたも好きと 言って言わ ...

つよがり

心だけ下さい 不憫な女です 人目忍んで ...

つれづれの宿

お流れ一杯 頂きますと 肩をすくめる ...

出直したいの

うしろ振り向きゃ 両の手で ひろえぬ涙 ...

東京へ戻ります

一度別れた あなたです 故郷へ帰った ...

虹の橋から

覚えています 目と目が合って 運命みた ...

俄か雨

軒のしずくを 手でうけて あなたの寝顔 ...

根無し草

風の通りが いい家(うち)で 庭には柘 ...

花筏

川に舞い散る 桜の花が 寄り添いながら ...

花言葉

淋しくなんか もうないわ あなたに出逢 ...

ひとり宿

ひと汽車遅れて 行くという あなたの嘘 ...

惚の字傘

しょせん憂き世はからくり芝居 根無し金 ...

港わかれ唄

捨てちゃいやだと わたしが泣いた 離し ...

雪国紅葉

残る未練を 捨てるため 女ひとりの 旅 ...

雪つばき

冬の木枯(こが)らし 恋枯(が)らし ...

雪つばめ

冬の木枯らし 恋枯らし 落ち葉みたいに ...

雪舞い

雪よ雪よ やまないで… 哀しい運命を ...

夢おぼろ

枕のあかりに身をさらし くれない色に染 ...

夢ひとつ

あなた待つ夜は 三十路が十九 恋は耳ま ...

夜の東京

嘘で濁った シャンデリア 赤いドレスの ...

龍飛崎

私の心に棲(す)みついた あなたとさよ ...

麗人草

女ごころの 恥らい捨てて 愛に燃えたい ...

私やっぱり女です

恋もしました 泣きもした 私いろいろ  ...