evesta歌詞検索

服部浩子の歌詞一覧ページです。「霧幻峡」、「哀愁北岬」、「愛愁挽歌」、「愛みそがれて」、「明日香川 恋歌」など

服部浩子の歌詞一覧

霧幻峡

張り裂けた 心にひやり 会津の風が 忍 ...

哀愁北岬

哀しい恋の 傷跡に 潮風(かぜ)が飛沫 ...

愛愁挽歌

つくり笑顔を カモメが笑う 群から 離 ...

愛みそがれて

あなたのそばを もう離れない あなたの ...

明日香川 恋歌

なみだ笹舟(ささぶね) 花の露(つゆ) ...

雨の宿

「ついておいで」と誘われ 「だめ」とい ...

あんたの酒

土砂降り雨に 頭から 濡れてふたりで ...

越前恋歌

哀しい恋の歳月を 知ってるように海風に ...

女の裏通り

嘘も言います 女です 意地もあります  ...

おんなの情歌

最後の夜に 夜になりそうで 一番好きな ...

海峡つばめ

霧に隠れて 行く船の 波が別れの 文字 ...

海峡夜明け前

港の霧笛に 急かされながら 無口に改札 ...

海峡わかれ町

霧笛 おまえは おんなの胸に なんで冷 ...

風花港

指の先まで ひとすじに 愛したことが  ...

北の女房

海が時化(しけ)れば 眠りも浅い まし ...

北山しぐれ

何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好き ...

接吻 -くちづけ-

悪戯に吸う 貴方が忘れた 悲しいシガレ ...

戀いのち

胸のときめき 紅さす指が なぜ震える ...

小倉恋ごよみ

夜の帳(とばり)が 裾野を包む 入日( ...

小雨町

雨が涙を 誘うよに 女の胸を 濡らして ...

この町

涙・・・別れは 似合わない 笑顔で言い ...

御神火月夜

島の椿の花影は カモメも知らない夢のあ ...

さくら さくら

女ですもの こぼれた花を 両手に包んで ...

倖せ通りゃんせ

雨降る こんな日は 相合傘で 風吹く ...

上海ボレロ

夜霧の波止場 嘆きのボレロ 誰がために ...

松竹梅

松は喜び 夫婦は松 心ひとつに 春を待 ...

旅路の花

裾をはしょって 駆けこむ船に 港しぐれ ...

舞踏曲

花の いのちは 短くて 恋の いのちも ...

とまり木の街

今もそのまま あの頃と この街むかしの ...

長崎ワルツ

和蘭陀しぐれの 雨が降る あの人 こぬ ...

涙の終列車

愛の 愛の迷いを たち切れと 隣のホー ...

波の花海岸

岩に砕ける 波の花 そっとあなたに 身 ...

波止場

岬がくれの 船の灯(ひ)よりも 揺れて ...

はまゆう哀花

人目ふれずに 咲き誇る 咲いて哀(かな ...

ひとひらの伝言(メッセージ)

春にはぐれ 散る花哀(かな)し 女ごこ ...

響灘

死ぬも死ぬも生きるも一緒だと 言った言 ...

紅筆哀歌

紅をひと筆 引く手の重さ 来ないあなた ...

炎の川

隠れ里… 緋色(べに)が揺れます 京友禅 ...

ほろ酔い恋唄

おんなにうまれて しあわせか わたしに ...

未練の花

あんな男と 言いながら あんな男が 好 ...

むらさき日記

ときめく夢の 日捲(めく)りは 春がこ ...

夕立雨

ひとりぼっちが 淋しくて 男ごころに ...

夢追い草紙

月のしずくは 涙のしずく つなげば未練 ...

夢追い草紙

月のしずくは 涙のしずく つなげば未練 ...

夢ほたる

誰を呼ぶのか ほたる火よ 消すに消せな ...

余花の雨

あなたを あなたを あなたを探している ...

わすれ傘

邪魔になったら 何処かに捨てて どうせ ...