evesta歌詞検索

大月みやこの歌詞一覧ページです。「心のらくがき」、「愛いつまでも~Forever Love~」、「愛愁」、「愛にゆれて…」、「愛のかげろう」など

大月みやこの歌詞一覧

心のらくがき

忘れるために 今夜も飲みました ひとり ...

愛いつまでも~Forever Love~

あなたと 恋をして 傷つき さまよい ...

愛愁

あなたの好きな冬景色 悲しみばかりついて ...

愛にゆれて…

こんなに愛されていても 心が淋しい あ ...

愛のかげろう

窓をゆさぶる 海鳴りは 未練ごころの ...

愛の始発(セリフ入り)

あの時 鞄(かばん)いっぱいに 夢を詰め ...

灯り

秋から冬へ 哀しみの 涙たたんで 旅仕 ...

未来(あした)への歌

誰もが一度は思う 違った人生を 生まれ ...

あなたと共に

あなたと共に 行きましょう 恋の甘さと ...

雨の船宿

寒くないかと 背中から そっと抱かれて ...

潮来舟

こんな悲しい 涙の恋を 知っているやら ...

いのちの海峡

カモメの声も 聞こえない 浜辺にひとり ...

命の花

このままおそばにおいて下さい 冷めたす ...

今はこのまま

あなたの背中見送りながら 追って行きた ...

歌はいかがですか

歌はいかがですか あなたの好きな歌を ...

海鳴りの駅

心のほころび 縫うように 海岸線を 列 ...

大阪ごころ

泣けばあなたが 帰るなら 涙 涸れても ...

大阪の女

まるで私を 責めるよに 北野新地に 風 ...

大阪ふたりづれ

(大阪ふたりづれ) あなたに寄り添い ...

大阪夜霧

好きになっては いけないと 誰も教えて ...

おしず

あと二日 もうひと夜 はじめて逢った ...

おもいで探し

何年ぶりかしら この駅前は たそがれ空 ...

面影橋

あなたは私を 抱くようにして 私はあな ...

女さすらい

流れゆく また流れゆく 知床ウトロは  ...

おんなざけ

酒よ今夜は 酔わせてよ 生きてゆくのが ...

女の哀愁

悲しい色です この海は 私のこころを ...

女の駅

もいちど抱いてね あなた 雪が泣く お ...

女のかがり火

おんななら おんななら 秘めた心の 奥 ...

女の子守唄

みんなが私が 悪いから 好きなあの人 ...

女の涙

風に舞う 雪の花 掴めば儚く 消える花 ...

女の舞

ねえ あなた なぜに あなた くれない ...

女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

女ひとりの日本海

女がひとりで 旅することを あなたわか ...

かくれ宿

枕のしたを 流れゆく 川の瀬音が 身に ...

潮風岬(かぜみさき)

潮風(かぜ)に吹かれて さすらう背(せな ...

かりそめの恋

夜の銀座は 七いろネオン 誰にあげよか ...

かりそめ橋

ごろごろと雷さんが鳴って 船場に春が近ず ...

かわせみ

(台詞) きれいな川鳥でした 透(す ...

喫茶店の片隅で

アカシヤ並木の 黄昏は 淡い灯(ひ)が ...

京都ひとり

冬の京都の街は ひとりが寒い 恋の終わ ...

銀座の蝶

ほこりまみれの 巷の夕陽 ビルにかくれ ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

月下美人のように

月の雫 素肌にまとえば 今夜だけ そば ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

恋歌しぐれ

女という字を また書いていた 運命(さ ...

恋しぐれ

涙まじりの 氷雨に濡れて 白い京都に ...

恋におちて-Fall in Love-

もしも願いが叶うなら 吐息を 白いバラ ...

恋のしずく

肩をぬらす 恋のしずく 濡れたままでい ...

恋一夜

うれしかったのあなたの愛が 涙で目覚め ...

恋文の宿

忘れたいのに あなた あなた やっぱり ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...

恋もよう

雨が運んだ 偶然は 振られた同士のめぐ ...

心の駅

人眼 人眼を忍ぶ 涙 涙も凍る 運命が ...

心ひとすじ

心だけあなた くれますか 他になんにも ...

去し方の宿

春知らぬ 厚岸草(あっけしそう)の 紅 ...

こぼれ酒

空ろな酒に 染み残る あなたの面影 盃 ...

これからもふたり

何年ぶりかしら あなたとふたり 列車に ...

酒場の角で

上手くないけど聞いて 好きな歌がある ...

酒よ 今夜は

夜更けの酒場の みなしごは 淋しさ恋し ...

幸せ明日も

女ですから あなたのすべてを 陽だまり ...

四季桜

四季咲きの 桜が庭に咲きました 冬の寒 ...

終着駅にて

燃えて 燃えて 燃えて 燃えてあなたの胸 ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

信じています

ぷかりぷかりと いつもあなたが こ ...

水仙

あきらめて 人の妻になってみたけど 雨 ...

棄てたあなたにまた惚れて

灯り落とせば部屋の扉を あなたが叩いて ...

せめてもう一度

紅を落とした このくちびるが 乾いた思 ...

泉州恋女房

おとこ心の わがままなんか 祭り三日は ...

千年の花

雪に抱かれて あなたを慕い 恋に泣いて ...

袖笠雨

袖をかざして よけながら 袖笠雨に 濡 ...

ためいき川

誰に聞かされた話か 忘れてしまいましてん ...

抱かないで

叶わなくていいの 最後の恋は 火がつけ ...

抱きしめて

渡れるかしら 火の川を 月もおぼろな  ...

ダンス・パーティーの夜

赤いドレスが よく似合う 君と初めて ...

月に咲く花

月のあかりで 目覚める花は 束の間の ...

月の海峡

許してあげるわ 許してあげる なにも言 ...

ふたり暮した アパートを ひとりひとり ...

手酌さのさ

ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜は ...

東京こおろぎ

遠いうわさを聞くたびに こころにさざ波 ...

東京暮色

落葉降る公園の ブランコ揺らし ひと粒 ...

とまり木の花

あなただけよと 躰をよせて 咲いてみた ...

ともしび

カーテンを そっと開けて おはようと  ...

名残りの花

誰かに捨てろと 言われても この恋捨て ...

浪花の灯り

逢えば別れの 浮世なら 風に散れ散れ ...

涙かさねて

聞かせてください… せめて声でも ねえ ...

涙川

女がひとり 許して泣いて 流す涙が 川 ...

なみだ橋

あなたひとすじ 尽くしても 恋は儚(は ...

なみだ星

星が泣いてる 泣いている 涙をほろり  ...

新妻に捧げる歌

しあわせを もとめて ふたりの こころ ...

西陽

西陽の差し込む窓から あなたの 面影さ ...

根室海峡

髪が長けりゃ 切り捨てまする 顔が白け ...

儚な川

聞かせて下さい もういちど おまえが好 ...

橋ものがたり

昔から ずっと昔から この町の橋にまつ ...

花くれないに

あなた、わたしと死ねますか 恋にこの世 ...

花言葉はもういらない

あなたがそばにいて 微笑みくれるなら ...

花しずく

ささえる愛が あればこそ 生きられまし ...

花・ときめいて

愛をください この花に ひとり待ちわび ...

花宴

いろんな事が あったわ 騙されたことも ...

母恋三味線

いつの間にやら ネオンの町に 泪いろし ...

母なる海よ

此処で生まれし者は皆 結の絆で 結ばれ ...

陽だまり

なんども潮どき 別れどき 思うばかりで ...

ひとり越前~明日への旅~

雪の越前 東尋坊で あなたのコートに ...

ひとり語りの恋歌

ひとり語りの 恋歌は 泣かせるギターが ...

ひとり酔い

逢いたくて逢いたくて 瞳を閉じ惚れなおす ...

ひなげし小唄

赤いひなげし 咲いたとて 花の咲かない ...

ひゅるひゅる橋

ああ寒む えらい風が出て来たみたいですな ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

ふたりの灯

そんな弱気でどうするの あなたお願いお ...

冬海峡

逢いたい 逢いたさに 露地を駈けぬけ  ...

冬の駅

好きになるのが 罪ならば 罪に泣いても ...

冬の華

女ごころのはかない夢を 命限りの情熱で ...

紅の傘

呑んだら はじける あのひとだから き ...

紅ひとり

小指と小指の 糸を切り 心のほころび ...

豊予海峡

女に去られた 男がひとり 男に去られた ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

乱れ雪

雪の花 こころの中へ つもる想いを 寄 ...

港の見える部屋

部屋の小さな陽だまりで まどろんだあな ...

未来への歌

誰もが一度は思う 違った人生を 生まれ ...

みんな夢の中

恋はみじかい 夢のようなものだけど ...

霧笛の宿

霧笛がしみます 雪の夜 わたしはあなた ...

巡る愛

生まれ変わってもあなたのことを 覚えて ...

燃える恋

許してはもらえぬ 恋ならば泣けます 幸 ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

夕霧

そうよ言葉は いりません 爪の先まで ...

ゆうすげの花

ゆうすげに ゆうずけに降る雨が 思い出 ...

雪おんな

(台詞) 今どきの春やったら みんな楽 ...

雪文

ああ堅むすび 紅ひもを ほどかせた あ ...

夢追い橋

(台詞) 月日は いろんなもんを流して ...

夢つづり

捨てて行きます 想い出を ひとりで今日 ...

夢に抱かれて

肩がふれあう 男と女 帰りたくない夜の ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

夢の中なら

あなたにめぐり逢えた 激しいときめき ...

夢のなごり

酔ったあなたに 逢えそうで 今日も新地 ...

夜明けのうた

夜明けのうたよ あたしの心の きのうの ...

より添い花

あなたの隣りで 咲いてる花は 綺麗じゃ ...

夜の雪

噛んでください こゞえる指を 雪がまっ ...

リサイタル

ドライアイスの 川ながれ いま わたし ...

流氷の宿

赤い赤い赤い糸で 心つなげば 海鳴りが ...

別れてひとり

別れはすませた はずでした 悔やみはし ...

忘れな草をあなたに

別れても 別れても 心の奥に いつまで ...