evesta歌詞検索

原田悠里の歌詞一覧ページです。「特攻の母」、「愛の河」、「あかね月」、「秋月の女」、「秋月の女(ひと)」など

原田悠里の歌詞一覧

特攻の母

(セリフ) 知覧(ちらん)のお母さん泣 ...

愛の河

雨 雨の声よ 泣かないで 虹 虹の彩よ ...

あかね月

添えない運命(さだめ)の 二人でも 出 ...

秋月の女

風の噂に 誘われながら 訪ねて来ました ...

秋月の女(ひと)

風の噂に 誘われながら 訪ねて来ました ...

明日の幸せ

雨に打たれて 散り急ぐ 花の哀れさ 愛 ...

明日を信じて

いくつ越えても その先に 続く試練の ...

あじさい橋

ひと雨ごとに 彩づきながら 咲いてあじ ...

明日への祈り

さよなら また明日(あした)って 手を振 ...

安曇野

大糸線に揺られて着いた ここは松本 信 ...

あなたとふたり

りんごの花咲く 木の下で 初めて出逢っ ...

天草の女

船が出る度 泣きじゃくる 女も昔は い ...

命かけても

心にさびた おまえの傷を 俺がなおすと ...

いのちのふるさと

短い春を 待ちわびて あなたと二人 旅 ...

いろは坂

右へ曲がって 左に折れて この坂 明日 ...

我愛リー

我(ウァ)…愛女尓(アイリー) 我(ウァ ...

我愛女尓

我(ウァ)…愛女尓(アイリー) 我(ウァ ...

歌語の浪朗唱~明治幻燈 お蝶夫人~

ある晴れた日 遠い海の彼方に 煙がたち ...

越後路恋情話

外は細雪(ささめゆき) こころ春ごよみ ...

えとらんぜ

高層ビルの灯の粒は まるで宝石散りばめ ...

萩しぐれ

あなたと旅した 想い出を 抱きしめ辿( ...

お水取り

いつかあなたに 着せたいのです 母の形 ...

おもいでの宿

湯煙に目隠しされて 手さぐりであなたを ...

思いのままに

明日のことなど わからない 現在(いま ...

俺に咲いた花

流れて故郷 もう遠い どしゃぶりつゞき ...

女がひとり

貴方を死ぬ程 愛したことは 今でも本当 ...

おんな坂

いつか幸福(しあわせ) くるだろうと ...

女の冬航路

あきらめた愛なら二度と 戻れない 戻ら ...

女のまつり

暴れ太鼓よ 風を呼べ 風よ雨雲 吹き飛 ...

女の夜霧

私ひとりが この身を引けば 誰も傷つく ...

女‥みぞれ雨

海鳥なく声 心にしみる 出船の汽笛が  ...

女・・みぞれ雨

海鳥なく声 心にしみる 出船の汽笛が ...

風の国

雪より白く咲く花が 凍えた風に揺れてた ...

鎌倉の女

ねぇあなた… しのび雨ね 鎌倉の 紫陽 ...

川尻岬

波間に浮かぶ 海標を 知っていますか ...

木曽路の女

雨にかすんだ 御岳さんを じっと見上げ ...

倉敷川

雨よなぜなぜ 私を泣かす 水面に白壁 ...

恋ごころ

幼なじみの あなたと会って 恋の悩みを ...

恋女房

一緒に歩いた 苦労で決まる 夫婦(めお ...

古都旅情

女 ひとり 生きています 今日は古都の旅 ...

ごてやんの歌

何が大事か 聞かれたら あなたの笑顔が ...

桜が咲いた

あなたを失(な)くして 私の胸の 小さ ...

笹舟

こころの笹舟 流れて行けば 好きなあな ...

佐原雨情

雨のしずくに 濡れて咲く あやめは紫 ...

三年ぶりの人だから

酔ったふりして 寄り添えば 胸に広がる ...

下町すみれ

冷たい風の 坂道で そっとあなたが 手 ...

信濃路ひとり

ひとつの恋が 終わるとき おんなは旅に ...

人生花ごよみ

あなたは言うの 俺と一緒でいいのかと ...

人生夢桜

夢という名の 根を張って 空に大樹(た ...

好きよ故郷が

もしも叶うなら 春の風になり 青い空に ...

沙の川

愛されて生きる 倖せよりも 愛して生き ...

砂の道

指宿(いぶすき)行(ゆ)きの 列車に揺ら ...

諏訪の雨

風が冷たい 湖畔に立てば 胸の面影 せ ...

袖摺坂

傘をかしげて 上りかけたら 下りて来た ...

七夕祭り

一年に 一度でいいから 逢いたいと 藍 ...

津軽の花

真冬(ふゆ)の寒さに 耐えてこそ 花は ...

椿のふるさと

紅い椿の 花咲く季節 飛んでゆきたい ...

特攻の母~ホタル~ シングルVer.

私は鳥浜とめと申します。 鹿児島県 ...

特攻の母~ホタル

私は鳥浜とめと申します。 鹿児島県 ...

七尾恋歌

何かひとつの 言葉でも 残していって ...

涙しぐれ

心の傷あと かぞえて眠る そんな女の ...

ふたりで歩く 雨あがりが好き ふた ...

のぞみ花

花には命の 水がいる 人には情けと 愛 ...

のれん酒

雨にうるんだ 赤い灯が 泣きにおいでと ...

母鏡

甘えた分だけ 苦労をすると 都会の壁は ...

母ごよみ

母のやさしい手枕で 眠りつくまで 子守 ...

春しぐれ

雪見障子に 赤々と もれるかがり火 飛 ...

春の暦

女の胸の 残り雪 やさしく溶かして く ...

秘恋

泥にまみれて 咲いても花よ まして命を ...

飛騨の月

そっと襟あし 撫でてゆく 風はあなたの ...

ひとり旅立ち

赤い鞄には手書きの譜面が ドレスの間に ...

氷見の雪

能登から涙が 追いかけて 氷見(ひみ) ...

秘恋(ひれん)

泥にまみれて 咲いても花よ まして命を ...

ビロードの夢

眠れないほど 悲しい夜に あなたの歌で ...

二人の春

一人で生きると 心に決めて 涙をこらえ ...

ほろり酒

倖せだったら 女がひとり 手酌で飲んだ ...

待ちぼうけ港

小雪舞い散る 波止場に立てば 海の男の ...

水鏡

桜映した 掘割りを 秋は紅葉が 朱に染 ...

みちのく雪灯り

雪また雪にみちのくは 暮れてわらべのは ...

港町シネマ

港桟橋 埋め尽くし 雪がしんしん 降る ...

身の上話

お店のママさんに 言われたわ たまには ...

無情の波止場

むせぶ汽笛を おきざりに あなたの船が ...

むらさき小唄(歌謡浪曲入り)

流す涙が お芝居ならば 何の苦労も あ ...

雪割草

遅い春でも根雪は溶ける 冬の寒さに耐え ...

夢ひとすじ

この俺捨てて 行くのかと 言われて泣い ...

若狭の月

おもかげは 青い月 心にゆらゆら 浮か ...

我愛妳

我(ウァ)…愛妳(アイリー) 我(ウァ) ...