evesta歌詞検索

山本譲二の歌詞一覧ページです。「MABU達」、「OKINAWA」、「長門峡」、「哀愁運河」、「蒼い国境」など

山本譲二の歌詞一覧

MABU達

楽しく生きようぜ 笑って過ごそうや そ ...

OKINAWA

揺ら揺らと ゆらゆらと… 波まかせ舟は行 ...

長門峡

春まだ寒い 長門峡よ 降り立つ風の 無 ...

哀愁運河

泣いていないか 恨んでないか おまえを ...

蒼い国境

(セリフ)「人のつくった人の世に 人を遮 ...

あなたしかいらない

消し忘れの煙草をひねり “忘れないよ" ...

生きる

戻って来いよと 便りを呉れた 親父の齢 ...

いつまでも…沖縄

揺ら揺らと ゆらゆらと… 波まかせ舟は行 ...

今更のブルース

おとこが背中で 泣く夜は おもかげ小路 ...

美しい大地よ

テールランプの 赤い河 夜更けて帰る ...

海鳴り

沖に出たままもどらぬ親父と 兄貴の名を ...

えくぼ

流れの旅で めぐり逢う 昔の女の 懐か ...

奥入瀬

奥入瀬 雪どけ 阿修羅の流れ 君をさが ...

奥州路

降りだした にわか雨 急におまえが 泣 ...

小樽発・利尻行き

港小樽を始発のフェリー 俺の故郷の利尻 ...

男詩

ザンザ ザンザと 波のりこえて 急ぐ帰 ...

男の挽歌

鳴りだした汽車の笛(ふえ) 時計の針見れ ...

おふくろ

夕暮れ時に 川原の上で けんかに負けて ...

おまえと生きる

白いうなじの ほつれげさえも こんなに ...

おまえにありがとう

あなたごらんと 湯呑みの茶柱を こども ...

想い出ほおずき

ほおずき ほおずき 赤い実を ほおずき ...

親父船

極上の 酒を海神に 捧げる ごつい手は ...

俺がいるじゃないか

初めて逢った あの日から きっとこうな ...

俺たちの春

越える山坂 お前の手をかりて 歩いて来 ...

俺の花

真っ赤なバラに こぼれる雨 泣かない女 ...

輝く瞳

砂けむりをあげて 滑り込んだ君が ベ ...

からたちのふるさと

残りの冬が からたちのトゲに 雪をちら ...

枯葉のバラード

淋しげな人ばかり すれ違うこの街で ふ ...

関門海峡

唸るスクリュ- 関門海峡 俺の腹にから ...

北情歌

沖に浮かぶ 流氷に 別れつげる 海鳥よ ...

北の孤愁

終わった恋の かなしさに ひとり来たの ...

北の孤愁(こしゅう)

終わった恋の かなしさに ひとり来たの ...

君でよかった

明日は嫁いで 行く娘 寝顔が母サン 君 ...

君の歌になろう

君が遠くへ 飛び立つ鳥なら 君がくちず ...

きらめく風の中で

きらめく風に気づいたならば 耳を澄ませ ...

霧雨五番町

口ずさむ歌は なぜか哀しい歌ばかり ...

こころの絆

涙をいっぱい 目にためて 差し出すおれ ...

ごめんよ

もいちど お前に逢いたい 今でも 淋し ...

酒がたり

あいつに心底 惚れていた なんで別れた ...

放浪-さすらい-

さみしさは たとえば 旅路の 流れ星 ...

放浪~さすらい~

さみしさは たとえば 旅路の 流れ星 ...

放浪う…ままに

望郷が空しさを連れて 一杯の酒に涙ぐむ ...

残花

わかればなし きりだせば あんたの顔が ...

ザンゲの酒がしょっぱくて

いろんな人が 両手あわせて 俺を残して ...

倖せあげたい

悲しい過去(むかし)を 微笑って話す ...

しあわせの青い鳥

おまえが拾った 涙のかずだけ やさしさ ...

湘南哀歌

緑したたる鎌倉で 泣いて別れた あのひ ...

城崎の雨

落ち合うはずの この駅に あの日降りず ...

新宿の月

新宿で 見る月に 白いウサギは 住めな ...

親友よ

季節外れの 椿の花が 日暮れ待たずに  ...

千里の道も

晴れたと思えば 冷たい雨が それが世間 ...

外は雨が…

どじな恋だね せめて逢えたなら ふた ...

高杉晋作

玄界灘に 時ながれ 薫風かおる 花ひと ...

竹とんぼ

竹べら突ついて穴あけて 遠い昔におやじ ...

七夕月 (萩の花咲く頃)

あれはまだ にきび盛りの 時代のことだよ ...

旅路の果ての・・・

お前の捨ててきた やすらぎ住む街へ い ...

旅の終りはお前

こんなにやつれて この俺を待ったのか ...

長州の男

男なら 迷うな恋に 男なら 逃げたら追 ...

天狼星

冬枯れの 荒野の空に 碧(あお)く凛々 ...

東京流れ雨

相合傘で よかったら そこの駅まで お ...

都会の子守歌

眠りをわすれた この街は やすらぎの ...

時は流れても

シベリアおろしの季節がまた来たね 瞼を ...

友情(とも)

俺のこころに 土砂降りの なみだ降らせ ...

親友(とも)よ

季節外れの 椿の花が 日暮れ待たずに ...

泣いたらいいさ

すこし痩せたのか… 雨のせいなのか ...

名もない花に乾杯を

おまえの涙が 雨になり 俺の行く手に ...

願い

運命(さだめ)を何故に ふたつに分け ...

放浪(はぐれ)酒

灯りまばらな 裏通り 今日もひとりの ...

花染められて

不幸でいるなら 心が痛い 幸せならば ...

花も嵐も

泣いちゃいけない 涙をおふき 泣けば見 ...

人は旅人

歩きだそうか 明日求めて 行く処決めず ...

ひとりで泣くなよ

酒に酔ったら 思い出すだろ 昔別れた ...

風鈴

庭にふく風 垣根ごし 囁きかけてる 風 ...

ふたりで一つの人生を

涙いっぱい かなしみに おまえは耐えて ...

ふたりでよかった

なんども 溺れかけてきた 涙で濁った  ...

ふたり華

俺が選んだ 明日の夢に おまえは黙って ...

ふるさとのはなしをしよう

砂山に さわぐ潮風 かつお舟 はいる浜 ...

蓬莱橋(ほうらいばし)

橋の長さに とまどいながら ひとり来ま ...

放浪酒

灯りまばらな 裏通り 今日もひとりの  ...

星空の鎮魂歌

星空に谺する 歓声に応えて 今夜もマウ ...

ほたる草

不器用だって いいじゃない 口下手だっ ...

惚れたおまえと

泣くな嘆くな 人の世を 夜明けの来ない ...

望郷しぐれ

縄の暖簾に そぼ降る雨も 北の津軽じゃ ...

棒の哀しみ

目覚めた時は深夜だった 雨が小窓を う ...

俺のこの胸で

やつれたみたいだね 昔より 背中の薄さ ...

みちのくひとり旅

ここでいっしょに 死ねたらいいと すが ...

夢・想・人 ~MUSOUJIN~

別れたやつだとつよがりいって こころじ ...

めぐり雨

逢いたかったよ 身を切るほどに 切なか ...

夜叉のように

海を渡った 蝶もいる 冬にまたたく 螢 ...

夕陽

男に生れた 淋しさは 沈む夕陽と 似て ...

夢街道

少し太めの ワッパを抱いて 男度胸の ...

夜明け前

咲いた、桜が咲いた 咲いた桜なら やが ...

揚子江 (長江)

揚子江 揚子江 流れいつも 変わらず ...

夜霧のあなた

寄り添う影を 夜霧がつつむ ふたりの吐 ...

夜桜哀歌

産まれた時代が 悪いのか はぐれた自分 ...

ラスト レター

もう会うこともない 私の恋人よ 置き手 ...