evesta歌詞検索

伍代夏子の歌詞一覧ページです。「わかれ宿」、「旅一夜」、「暁」、「恋縁歌」、「愛に燃えて」など

伍代夏子の歌詞一覧

わかれ宿

風にその身を 震わせながら 泣いて散る ...

旅一夜

つるべ落しの 一筆に 染まる湯けむり  ...

紅 燃ゆる 遠(とお)の空 語れるも ...

恋縁歌

恋には印紙も はんこもいらぬ 心通えば ...

愛に燃えて

この恋は 一生一度の恋なのに ひと冬も ...

愛の橋

あの町を 捨てたから もう戻れない ふ ...

秋の栞

幼い頃の 写真を広げ ぽつんと母が 座 ...

雨のめぐり逢い

雨がとりもつ 縁かしら それとも誰かの ...

淡雪牡丹

はらはら舞い降る 雪の中 小さく芽生( ...

漁火情話

三味の音みたいな 木枯らしが 窓のガラ ...

十六夜セレナーデ

ためらいもいつか溶けてく腕の中 強さに ...

いつか雨上がる

泣きました 笑いました 日めくりの ...

浮世坂

四角四面の 世間と言うが 胸突き八丁の ...

歌草子娘道成寺

指が反るほど 抱きしめられて 三日三晩 ...

えにし坂

夢と苦労の やりくりで やっと明日が ...

江ノ電 -白い日傘-

江ノ電降りたら 日暮れ坂 今でもそのま ...

お江戸チョイチョイ節

お江戸名物 チョチョイノチョイチョイ ...

大阪らぶそんぐ

人がら実ちょく 初婚というし ミナミに ...

阿国伝説

出雲大社へ旅をして 阿国のお墓を見つけ ...

おしどり夫婦じゃないけれど

愛想笑いで 世渡りできりゃ もっと暮し ...

おんな坂

仮寝の宿を捜し 飛ぶ鳥が 私の身がわり ...

女のひとりごと

幸せさえぎる 冷めたい雨に 何度もつま ...

女のまこと

さむい夜更けの 盃に 男は夢を うかべ ...

おんな夜景

船のあかりや 灯台の 港夜景が つらい ...

海峡の宿

人をだました こともない ふたりが世間 ...

霞草

小雨に打たれて 咲く時を知る 咲いては ...

風待ち湊

今朝はお立ちか 風待ち湊 碇を上げて ...

鎌倉八景

来し方の 夢を集めて今もなお 堀割りく ...

かりそめ

川の流れを 朱に染める 燃える夕陽の ...

寒つばめ

忘れてしまえと 風が啼く 鳥も凍えて ...

ガス燈

銀杏の並木に 傘の花が咲く それぞれの ...

北の舟唄

山背が吠えて 海鳴りなけば 船は港で ...

京都二年坂

しょせん女は 裏方さんや 男はんとは  ...

金木犀

路地にこぼれる 金木犀の 香りに揺れる ...

恋ざんげ

あれは七月 蝉しぐれ 瀬音したたる い ...

恋挽歌

日暮れまぢかの 駅裏通り 指でふきとる ...

恋夜雨

生まれたばかりの 嬰児(みどりご)は ...

恋夜雨(こいよさめ)

生まれたばかりの 嬰児(みどりご)は ...

こころ川

浮くも沈むも 運命のままに 惚れて寄り ...

五百川

川の瀬音が 耳元で 沁みてはじけて 渦 ...

さくら貝の歌

美しき 桜貝一つ 去り行ける 君にささ ...

さくら さくら

さくら さくら やよいの空(そら)は ...

下町の太陽

下町の空に かがやく太陽は よろこびと ...

失恋記念日

初めてあなたと 旅したときの 寝台列車 ...

信濃路暮色(ぼしょく)

黄昏(きん)に染まった 信濃の川は ま ...

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄り添う ...

愁止符

流れ星が空に降って 歌がいつも聴こえた ...

人生めぐり愛

人生は めぐり愛 あなたに あなたにあ ...

雪中相合傘

あゝ あなた ここから先は 人生乱吹( ...

瀬田の夕暮れ

川面に映る 茜の空が 心変わりに 澄ん ...

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前 ...

走馬灯

やさしい言葉の 数よりも 恋しいあなた ...

袖しぐれ

あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れ ...

津軽半島

三味線(しゅみ)の太悼 響くよに 波が ...

月の宿

月を映した 湯舟に浸り 洗い流そか 未 ...

九十九坂

傘に隠れて ふく涙 払いきれない 未練 ...

遠くへ行きたい

知らない街を 歩いてみたい どこか遠く ...

長崎ランデヴー

雨降るオランダ坂に あなたとふたり ふ ...

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ち ...

拝啓 男どの

拝啓 男どの そなた 変らず お元気で ...

函館夢ごよみ

かたちばかりの 三三九度と 酔ってあな ...

花つむぎ

雪の中から ひと彩(いろ)紅く 花を咲 ...

はまなす酒場

指をまるめて 覗いてみても 愛想なしで ...

春の岬

幸せになってねと 夢のまにまに 母の声 ...

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ ...

ひとり酒

あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい ...

秘め歌

心のなかで 死なせた恋を 弱いおんなが ...

ふたり坂

ひとりは冷たい この世でも 寄り添うふ ...

ひとりでは漕げない 沖も見えない あな ...

冬牡丹

人という字に 連れ添った 夢という名の ...

ふれあい

愛のささやき 聞くときの 耳が熱く 感 ...

紅一輪

交わす目と目の ひと目惚れ 恋の運命( ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり あ ...

ホの字屋の女房

殿方(おとこ)の人はいいですね お酒のラ ...

ほろよい酒場

惚れた男は 気ままな夜風 今夜はどちら ...

待つ女

別ればなしが いつ出ても 不思議じゃな ...

満月

燃える西陽を 浴びながら 真っ赤に染ま ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小 ...

見返り美人

恋はかりそめ なりゆきまかせ 軒ののれ ...

水なし川

指を咬んで 声しのばせて 泣いてみたっ ...

港恋唄

指でおくれ毛 撫でつけて 紅もひと刷け ...

都忘れ

秘めやかに 密やかに 通う小径に 咲く ...

霧笛橋

胸におさめた はずなのに 霧も隠せぬ ...

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いい ...

木綿の鴎

右に石狩 左に小樽 昔(むか)しゃ鰊( ...

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う ...

憂愁平野

遠く野末に 夜汽車のあかり 闇に流れて ...

夢しぐれ

春がくるのを 待ちきれず 咲いて悲し ...

夢待ち港

汽笛がひとつ 鳴るたびに お酒注(つ) ...

夜明け坂

凍る根雪(ねゆき)の その下で 私の倖 ...

宵待ち灯り

酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてし ...

横濱エラヴィータ

赤いレンガの 倉庫が並ぶ 風の横濱 港 ...

夜桜迷い子

提灯の紅あかり 浮きたつ桜に 誰を待つ ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...