evesta歌詞検索

大石まどかの歌詞一覧ページです。「茜の炎」、「哀恋坂」、「朝霧情話」、「熱き血汐 ~与謝野晶子「みだれ髪」他詩集より~」、「熱き血汐~与謝野晶子「みだれ髪」他詩集より~」など

大石まどかの歌詞一覧

茜の炎

今さら恋なんていらないと思ってた 黄昏 ...

哀恋坂

二人で歩いた 八坂の鳥居 忘れてしまえ ...

朝霧情話

朝霧は こらえ切れない 女の吐息 昨夜 ...

熱き血汐 ~与謝野晶子「みだれ髪」他詩集より~

雪より白い やわ肌の けものゝような ...

熱き血汐~与謝野晶子「みだれ髪」他詩集より~

雪より白い やわ肌の けもののような ...

雨あがり

帰したくない あなたの背中 涙の向こう ...

居酒屋「津軽」

涙買いましょう 外は凍(しば)れる 人 ...

愛しの函館

お前がいるなら何もいらない そんな言葉 ...

命、燃えて

瀬音ながれる 狩野川(かのがわ)の 川 ...

浮世の花

灯りともれば はなやぐ路地の 義理も人 ...

うちの人

極楽とんぼと 世間は云うが 惚れて一緒 ...

うちわ

去年あなたに いただいた 土産のうちわ ...

想い出グラス

コートの衿に 涙かくして ネオンの海に ...

女の錦秋

女は咲いて 花になる 男は光る 月にな ...

桂浜雨月

よさこいの 賑(にぎ)わいさけて 二人き ...

悲しい女になりきって

やさしい言葉の 慰めよりも 酔いを誘( ...

京都の雨

あなたの胸に 飛びこめば ふたりは今も ...

京都みれん

あなたひとりの わたしになれる そんな ...

恋路ヶ浜暮色

海鳴りが 空で哭く 波が素足に 戯れる ...

孤独のエレジー

ドキドキドキドキ 止まらないよ チャン ...

忍び里

奪って下さい 好きならば 逢えば冬でも ...

シングル・アゲイン

あなたを連れ去る あの女性(ひと)の影 ...

情なし海峡

雨の桟ばし 消えゆく背中 はだしで駆け ...

酔舟ひとり

今宵満月 おもかげが 華の笑顔で 水面 ...

ストロベリームーン

ストロベリームーン 待ち焦がれてた 奇 ...

ちいさな酒場

雨が静かに 降る夜は あの人近くに 居 ...

つつましく たくましく

にわか雨 水溜まり 水しぶき 太陽の照 ...

ナミダワスレ

涙を忘れていいの ここからまたふたり ...

能登しぐれ

すすり泣くのは 霧笛か鴎(とり)か あ ...

函館空港

迎えに来るよと 云ったひと言を 信じて ...

春一夜

春の夜に 花が散る ひとつの恋が 終わ ...

春一夜(はるひとよ)

春の夜に 花が散る ひとつの恋が 終わ ...

春待ち花

冬が過ぎれば 春は来る 早く来い来い ...

日向の恋唄

祭りのあとの 淋しさは 秋風しみる 虫 ...

深い川

ひとりでは ひとりでは 生きて行けない ...

冬のれん

真面目に生きれば しんどいこの世 女の ...

紅いろ椿

蝶の亡きがら 憂しく包み 雨にふるえる ...

曼珠沙華が咲いた

曼珠沙華が咲いた別れのバルコニー まっ ...

娘馬子唄

いつでも湯舟に浮かんでた 笑い声と父の ...

夕陽しぼり坂

祭りの山車(だし)には からくり人形 ...

夢のツボミが

雨降る夜更けは 貴方の事を思い出すのよ  ...

夜の舟

みぞれが頬うつ 衿を刺す 凍る指先 ふ ...

露地しぐれ

忘れなくては いけない人を 送る蛇の目 ...