evesta歌詞検索

一番星より(浜博也)の歌詞ページです。

一番星より 歌詞

歌:浜博也

作詞:鮫島琉星

作曲:大谷明裕

痩せてやつれた か細い君の肩
僕は花びらになり ふわり しがみついた
ほのかな香りは 昔のままに
楽しい暮らしを 思い出してる
君が淋しく ならないように
日暮れに かがやく一番星

君を残して ひとりの旅支度
「ついて来るんじゃない」と 橋を揺らしたのは
幸せつかめと 思うあまりさ…
ちょっぴりやきもち 焼きそうだけど
次の世もまた 逢えますように
静寂(しじま)に 聞いてる百八つ(ひゃくやっつ)

次のお盆には かならず帰るから
泣いてうつ向いてたら 見失うじゃないか
涙を拭いたら 空を見上げて
素敵な笑顔を 見せておくれよ
今はこんなに 離れていても
日暮れに かがやく一番星
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...