evesta歌詞検索

夜のピエロ(Ado)の歌詞ページです。

夜のピエロ 歌詞

歌:Ado

作詞:biz

作曲:biz

街灯は消えてく 孤独な夜が誘う

騒がしい日々の眩しさに 今日を演じてる
憧れと好奇心 眩み 目は霞んでゆく

退屈な自分は 窮屈な日常は 忘れ去って
踊るナイトタウン

もう慢性的な不感症 未体験 街を抜け出そう
鏡とその面影 でも あどけなくて

サヨナラを告げた 自分を嘲笑った
これでいいんだ 止まった終電

いつか忘れてた この夢も
日々の幻想に消えてゆく

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

夜明けは微かなメランコリー 朝が怖いんだ
蓋をする思考力 酔えず吐いたアルコール

理由もない不安が胸に押し寄せるんだ
溺れそうだ 足掻くだけの日々

使い捨てのような毎日に
ただ踊るだけのエキストラ

ネオンが夜を飲み干す 苦いだけの空き缶に
掃き溜めた劣等 冷たく胸を焦がす
独り孤独を吐いた

煌めく街の明かりは 色を変えて
蔑んでる 部屋にポツリ
虚ろな光は通り過ぎて 影となった
夜に沈む

笑い笑われるピエロ
街灯は消えて夜に沈む