evesta歌詞検索

人生かぞえ歌(石川さゆり)の歌詞ページです。

人生かぞえ歌 歌詞

歌:石川さゆり

作詞:いしわたり淳治

作曲:亀田誠治

ゼロでおぎゃあと叫んで泣いて
裸一貫 始めた人生
五つになるまで愛しか知らず
立って歩いて箸持つだけで
触れるもの皆 笑顔に変えた

十で止まらぬイタズラざんまい
ダメと言われりゃやるのが性分
それでも気づけば乙女になって
十五で知った初恋は
目から火が出て耳が燃え
あつい想いと裏腹の
冷めた態度に恋の火も消え

十八 ノートの隅に書いた
“大人は何も分かってない”
皆と一緒でいるのは嫌で
だけど孤独はそれより嫌で
大人と子供の谷間の底で
斜めに見上げた世の中を
まっすぐ立って歩けもせずに

あゝ懐かしき 青春の日
笑えないほど悩んでも
眠って起きれば 明日が来る
これでいいのだ これでいいのだ

二十歳 田舎の町を出て
6畳一間のアパート暮らし
社会人とは名ばかりで
社会をまるで知りもせず
ひとり流した涙の数は
夜ごと見上げた星の数

二十五 誰にも言えない恋の
淡い願いは夢と消え
三十 真面目が取り柄の男(ひと)と
ともに誓った永遠(とわ)の愛
やがて生まれた子を抱いて
初めて知った幸せが
弱い私を強くした

三十五 今日も我が子はいうこと聞かず
徐々に我が身もいうこと聞かず
怒って笑って振り回されて
いつでも自分は後回し

四十 夫婦も所詮は他人
つのる小さなすれ違い
会話も消えたそのわけは
大人げなくても引くに引かれず

あゝ 慌ただし 壮年の日
金はなくとも愛がある
眠って起きれば 明日が来る
これでいいのだ これでいいのだ

五十 ようやく子は手を離れ
深夜の電話で親との別れ
馬鹿だよ 本当に大事なものは
なくした時にいつも気づいて

六十 初孫のかわいさに
緩む目尻と財布の紐よ
七十 ある朝 病に倒れ
夫がぽつり「死ぬな」と言った
勝手に殺すな まだ死にゃせんよ

八十 花に鳥に風に月に
日増しに想いは重なれど
百になってもいつまでも
今日が残りの人生の
最初の日には変わりなし
やりたいことがまたひとつ
やり残したことがまたひとつ

あゝ いいことも 悪いことも
一生続くわけじゃなし
眠って起きれば 明日が来る
これでいいのだ これでいいのだ

生きるってのは騒ぎだよ
人生いつもお祭り騒ぎ
はあぁ 祭りのあとの静けさに
そっと目を閉じ 頷いて
これでいいのだ これでいいのだ

石川さゆりについて

昭和52年 8月25日 第3回日本テレビ音楽祭グランプリ『能登半島』 11月17日 第8回日本歌謡大賞放送音楽賞『津軽海峡冬景色』 12月20日 FNS歌謡祭音楽大賞最優秀グランプリ『津軽梅峡冬景色最優秀歌唱賞『津軽海峡冬景色』最優秀視聴者賞『津軽海峡冬景色』 12月25日 第10回全日本有線放送大賞優秀スター賞『津軽海峡冬景色』 12月25日 第10回日本有線大賞有線スター賞『津軽梅峡冬景色』『能登半島』有線ヒット賞『津軽海峡冬景色』『能登半島』12月31日 第19回日本レコード大賞  歌唱賞『津軽海峡冬景色』 昭和61年 11月19日 第17回日本歌謡大賞  放送音楽賞『天城越え』 昭和62年 12月26日 第28回日本レコード大賞 金賞・編曲賞『天城越え』
石川さゆりの人気歌詞
天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅 ...

能登半島

夜明け間近 北の海は波も荒く 心細い旅 ...

暗夜の心中立て

好きと云はれりや誰にでも からだをひら ...

ドンパン節

ドンドン パンパン ドンパンパン ドンド ...

飢餓海峡

ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に ...

越前竹舞い

白山おろしの 風にのり 雪ふり虫が き ...

波止場しぐれ

波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに ...

オープニング「火事と喧嘩は江戸の華」 feat. KREVA, MIYAVI

火事と喧嘩は江戸の華 てやんでぇ べら ...

秋田音頭

ヤートセ コラ 秋田音頭です ハイ キ ...

千年逃亡

娘儚く女一色 貴方はいつもの過去語り… ...

ホテル港や

三日三晩の 祭ばやしが ふと止んで ...

くのいちもんめ

闇に紛れて城下町 姿照らされ月明かり ...

最果てが見たい

あの山越えて まだ見ぬ向こう側へ 何 ...

空を見上げる時

空を見上げる時 兵隊は遠い故郷を思う ...

転がる石

十五は 胸を患って 咳きこむたびに 血 ...

大阪つばめ

雨の降る夜は人恋しくて 夢がぬれますネ ...

春の雪

愛してなくて よかったと たたく背中の ...

かくれんぼ

想い出します かくれんぼ 日暮れ近づく ...

あいあい傘

壁に描いたいたずら書き あいあい傘の ...