evesta歌詞検索

絶望の一秒前(乃木坂46)の歌詞ページです。

絶望の一秒前 歌詞

歌:乃木坂46

作詞:秋元康

作曲:ツキダタダシ

Tell me how you feel
looking at yourself...

Tell me how you feel
looking at yourself...

「最近の僕は空回りしながら壊れて行く」
風はいつ吹き始めた?
「感情の羽根がくるくる止まらずに気になってるんだ」
心がざわめいてる
覆われたあの雲が心配なのは
そう 明日(あす)を信じられないからだ

What do you think
about yourself?
こんな僕じゃなかったのに…
(I don't get it)
What do you think
about yourself?
これから何をすべきか?

Let me know...
絶望の一秒前 星は微(かす)かに光り
漆黒の闇が来るよ
Can you see that?
Darkness coming here
僕が見つけた夢は(Wow oh oh)
いっぱいの惑星の中(Wow oh oh)
紛れ込んでしまった(Wow oh oh)
I am searching
for my only dream
(Wow oh)誰のせいか 責任をなすり付け合い
(Wow oh)来ることのない夜明けの空を待っても
(Wow oh)結局は君自身 どうしたいか聞こう

Tell me how you feel
looking at yourself...

Tell me how you feel
looking at yourself...

「誰だって昨日に縛られたように今日を生きる」
木々は何に怯えるのか?
「人間関係はどうして複雑で面倒なのか?」
嘘をついて逃げ切る
優しさに絆(ほだ)され取り繕(つくろ)っても
ああ そのうち僕は裏切るだろう

Looking at yourself,
what do you see there?
現実から目を背(そむ)けるな
(I've gotta do it)
Looking at yourself,
what do you see there?
一番 大切なもの

Here we go!
希望なんか見えない 孤独から手を伸ばし
どん底の深さを知る
Can you hear that?
My anxiety
人間は誰でもみんな(wow oh oh)
何もない丸裸(Wow oh oh)
それだけは平等だろう?(Wow oh oh)
Can't ignore it
Voices in my mind
(Wow oh)生き方にさえケチつけて背中向けても
(Wow oh)今日も明日(あす)も眠れない夜は変わらず
(Wow oh)無力な自分 低い天井を睨(にら)む

Looking at yourself,
what do you see there?

Looking at yourself,
what do you see there?

絶望の一秒前 星は微(かす)かに光り
漆黒の闇が来るよ
Can you see that?
Darkness coming here
僕が見つけた夢は(Wow oh oh)
いっぱいの惑星の中(Wow oh oh)
紛れ込んでしまった(Wow oh oh)
I am searching
for my only dream
(Wow oh)誰のせいか 責任をなすり付け合い
(Wow oh)来ることのない夜明けの空を待っても
(Wow oh)結局は君自身 どうしたいか聞こう
乃木坂46の人気歌詞
Route 246

Hang in there! Come ...

I see...

浮かれた気分のステップ 鼻歌まじりでご ...

インフルエンサー

ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブ ...

あらかじめ語られるロマンス

Aries(アリエス) Taurus(ト ...

裸足でSummer

いつもの夏と違うんだ 誰も気づいていな ...

僕がいる場所

君のことを考えた 僕が死んだ日のことを ...

世界中の隣人よ

夜はいつだって明けると誰もみんな思ってい ...

君の名は希望

僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 ...

光合成希望

向日葵が似合わないって ある日 誰かか ...

しあわせの保護色

探し物はどこにあるのだろう? いつの日 ...

何度目の青空か?

校庭の端で反射してた 誰かが閉め忘れた ...

ガールズルール

海岸線を バスは進む 空は高気圧 ...

ロマンティックいか焼き

ターコイズのリング(Ah! Ah!) ...

僕のこと、知ってる?

知らない街のどこかに 一人で立っていた ...

サヨナラの意味

電車が近づく 気配が好きなんだ 高架 ...

あなたのために弾きたい

幼い頃 近くにある ピアノ教室に通い始 ...

きっかけ

交差点の途中で 不安になる あの信号 ...

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

あの日 僕は咄嗟に 嘘をついたんだ ...

世界で一番 孤独なLover

そんなに優しい言葉を口にしないで いつ ...

夜明けまで強がらなくてもいい

風が悲鳴を上げ窓震わせて 水道の蛇口か ...