evesta歌詞検索

ベテルギウス(優里)の歌詞ページです。

ベテルギウス 歌詞

歌:優里

作詞:優里

作曲:優里

空にある何かを見つめてたら
それは星だって君がおしえてくれた
まるでそれは僕らみたいに 寄り添ってる
それを泣いたり笑ったり繋いでいく

何十回 何百回 ぶつかりあって
何十年 何百年 昔の光が
星自身も忘れたころに
僕らに届いてる

僕ら見つけあって 手繰りあって
同じ空
輝くのだって 二人だって
約束した
遥か遠く終わらないベテルギウス
誰かに繋ぐ魔法
僕ら 肩並べ 手取り合って
進んでく
辛い時だって 泣かないって
誓っただろう
遥か遠く終わらないベテルギウス
君にも見えるだろう 祈りが

記憶を辿るたび 蘇るよ
君がいつだってそこに居てくれること
まるでそれは星の光と 同じように
今日に泣いたり笑ったり繋いでいく

何十回 何百回 ぶつかりあって
何十年 何百年 昔の光が
僕自身も忘れたころに
僕らを照らしてる

僕ら見つけあって 手繰りあって
同じ空
輝くのだって 二人だって
約束した
遥か遠く終わらないベテルギウス
誰かに繋ぐ魔法

どこまで いつまで 生きられるか
君が不安になるたびに強がるんだ
大丈夫 僕が横にいるよ
見えない線を繋ごう

僕ら見つけあって 手繰りあって
同じ空
輝くのだって 二人だって
約束した
遥か遠く終わらないベテルギウス
誰かに繋ぐ魔法

僕ら 肩並べ 手取り合って
進んでく
辛い時だって 二人だって
誓っただろう
遥か遠く終わらないベテルギウス
君にも見えるだろう 祈りが

空にある何かを見つめてたら
それは星だって君がおしえてくれた
優里の人気歌詞
かくれんぼ

散らかったこの狭い部屋は 孤独と二人息 ...

かごめ

拳をまた握りしめた 怒りのまま恨んでやる ...