evesta歌詞検索

夏音(優里)の歌詞ページです。

夏音 歌詞

歌:優里

作詞:優里

作曲:優里

夏が終わる音がする
ずっと傍に居たいと思った
遠く打ちあがった花火
気持ちに重なって 弾けたんだ

段ボールがまだ散らかるこの部屋
君と今日から歩いて行く
趣味が違ったり、好き嫌いがあったり
知るほどにさ 嬉しくなるんだ

退屈を持て余して
くすぐったり 背中を寄せたり
何もなくても構わないさ
ただ君がそこに居るなら

夏が終わる音がする
ずっと傍に居たいと思った
遠く打ちあがった花火
気持ちに重なって 弾けたんだ

ひとつひとつと覚えていくよ
何を笑い 何を怒るのか

色とりどりの花束
隠していたプレゼントは何故
バレていたの らしいねってさ
こんな時間が続いたら

夏が終わる音がする
ずっと傍に居たいと思った
遠く打ちあがった花火
気持ちに重なって 弾けたんだ

花火の音に掻き消されてしまわぬように
抱き寄せてお互いの心音を聞こう
息を吐いて君の眼を見つめながらキスをした
もう何もいらない

夏が僕らを駆けてく
ずっと傍に居たいと思った
遠く感じた恋花火
二人のこの部屋で始まってく
優里の人気歌詞
かくれんぼ

散らかったこの狭い部屋は 孤独と二人息 ...

かごめ

拳をまた握りしめた 怒りのまま恨んでやる ...