evesta歌詞検索

棺(佐藤千亜妃)の歌詞ページです。

棺 歌詞

歌:佐藤千亜妃

作詞:佐藤千亜妃

作曲:佐藤千亜妃

雨は降り続け、やがて雪になる
足跡は静かに見えなくなるだろう

いつかすべてが消えてしまうけど
その背中越しにあなたを想いたい

埋めあった喪失を
互いの棺に持ってゆくまで

どんなに離れてもこの心は
あなたの元へと戻ってゆく
私を傷つけることが出来るのは
この世界でたったひとり、あなただけ

街灯が途切れた先には誰もいない
足音は夜の闇に溶けてしまうだろう

蘇る慟哭を
忘れてもずっと捨てないでいて

どんなに隠してもこの心は
穴が空いているの満たされずに
私を生きさせることが出来るのは
この世界でたったひとり、あなただけ
佐藤千亜妃の人気歌詞
Summer Gate

似合わないキャミソール着て はにかんで ...

大キライ

ねぇ あんたはいつもさ 靴下脱ぎっぱなし ...

Lovin' You

交差点ですれ違ったあの日のこと 何度で ...

STAR

スーパースターは生まれたときから 決ま ...

lak

思いの分だけ言葉探しても みつからなく ...

FAKE/romance

brand newで最低な関係 アンニ ...

キスをする

今日は晴れた日で それでも少し怯えてい ...

Signal

きっとすぐにあなただってことは わかる ...

SickSickSickSick

変わり者でお人好しで 優しくて傷つきや ...

転がるビー玉

叶えばいいなと ひたすらにただ夢見てた ...

PLANET

恋をするみたいに 君のリズムに酩酊 ...

Spangle

夜の街に擬態して その瞳のプリズム辿る ...

Prologue

ねえ、ここから連れ去ってよ どこまでも ...

Bedtime Eyes

Ah...darling,darling ...

私たちはただ 椅子取りゲームをしてるだ ...

You Make Me Happy

You make me happy 胸 ...

空から落ちる星のように

国道4号線を下る車に乗って 曇った窓ガ ...