evesta歌詞検索

強盗と花束(ヨルシカ)の歌詞ページです。

強盗と花束 歌詞

歌:ヨルシカ

作詞:n-buna

作曲:n-buna

ある朝、僕は気付いたんですが
思ったよりもソファが狭い
お金が足りないわけでもないけど
家具屋は生活圏外
そうして僕は思ったんですが
隣の家なら徒歩一分
何とかなると思った
僕は包丁を持った

何にも満たされないなら
行こう、僕らで全部奪うのさ
紙みたいな理性なんてほら、飛ばしてしまえ
神様、本当にこの世の全部が人に優しいんだったら
少しくらいは僕らにくれたっていいじゃないですか

ある昼、僕は思ったんですが
死にゆく貴方に花を上げたい
お金が足りないどころか無いから
花束は予算圏外
そうして僕は気付いたんですが
隣の花屋は定休日
盗めばいいと思った
僕は信号を待った

笑え、真面目な顔で澄ましてる
実はあんたもまともじゃないのさ
金にならない常識なんてもう、忘れてしまえ
他人の痛みが他人にわかるかよ
百年経てば誰でも骨だ
今日くらいは僕らも間違っていいじゃないですか

ある夜、僕はわかったんですが
これから先には夢が無い
貴方が居なくなるなんて
考えたこともなかった
花屋の主人は優しかった
けど盗んだことすら咎めない
強盗と花束に何かの違いがあるのですか
それ、何かが違うのですか

何にも満たされないなら
行こう、僕らで全部奪うのさ
塵みたいな理性なんてほら、飛ばしてしまえ
神様、本当にこの世の全部が人に優しいんだったら
少しくらいは僕らにくれたっていいじゃないですか
少しくらいは僕らを裁いたっていいじゃないですか

ある朝、僕は気付いたんですが
思ったよりも世界は広い
努力が足りないわけでもないのに
何にも実らず圏外
仕事を辞めて思ったんですが
安心なんて何処にも無い
終わった方が未だ増し
ソファが小さく見えた
ヨルシカの人気歌詞
花に亡霊

もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座っ ...

思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか ...

爆弾魔

死んだ眼で爆弾片手に口を開く さよなら ...

昼鳶

器量、才覚、価値観 骨の髄まで全部妬ま ...

だから僕は音楽を辞めた

考えたってわからないし 青空の下、君を ...

ただ君に晴れ

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜ ...

春ひさぎ

大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし ...

花人局

さよならを置いて僕に花もたせ 覚束ぬま ...

言って。

言って あのね、私実は気付いてるの ...

盗作

「音楽の切っ掛けは何だっけ。 父の持つ ...

レプリカント

君は映画をずっと観ている 誰一人もいな ...

心に穴が空いた

小さな穴が空いた この胸の中心に一つ ...

藍二乗

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二 ...

ヒッチコック

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでし ...

逃亡

夏の匂いがしてた あぜ道、ひとつ入道雲 ...

雲と幽霊

幽霊になった僕は、明日遠くの君を 見に ...

負け犬にアンコールはいらない

大人になりたくないのに何だか どんどん ...

夜行

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるん ...

八月、某、月明かり

何もいらない 心臓が煩かった 歩く ...

夕凪、某、花惑い

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた ...