evesta歌詞検索

酔わせて候(山崎ていじ)の歌詞ページです。

酔わせて候 歌詞

歌:山崎ていじ

作詞:さわだすずこ

作曲:弦哲也

酔って乾杯 酔わせて返杯(へんぱい)
暖簾(のれん)下(おろ)して 酔わせて候(そうろう)

船が港に近づけば
心急ぐぜ一本道さ
女盛りを束(たば)ねた髪で
博多の帯に袂(たもと)をはさむ
女将(おかみ)のエクボに気が走る

海を切り裂く波しぶき
鰹漁(かつおりょう)なら任せてくれと
親父譲りの一本釣りさ
黒潮なびく大漁旗(たいりょうばた)よ
波止場で灯(あか)りが待っている

一升瓶から焼酎(さけ)注(つ)いで
きゅっと飲んでは笑って返杯(かえす)
負けてなるかと三杯(ばい)五杯(はい)
グラスの先に常連(いつも)の顔が
何故(なん)だか二重(にじゅう)に揺れてるぜ

酔って乾杯酔わせて返杯
暖簾(のれん)下(おろ)して酔わせて候(そうろう)
山崎ていじの人気歌詞
いくじなし

初心(うぶ)な男(あなた)に 死ぬ気で惚 ...

別れのボレロ

朝日が昇る その前に 鍵は置いてね い ...

騙されて

今日も口から 出まかせの 嘘を平気で  ...

幻の小夜曲

思わせぶりに 僕をみつめて 恋に落ちた ...

人情

情けもらって 情けを返す 昔ながらの  ...

男のひとり言

夢の中で 詫びていた お前は笑って う ...

弦の月

俺のつま弾(ひ)く ギターに合わせ 酔 ...