evesta歌詞検索

一輪挿し(浜博也)の歌詞ページです。

一輪挿し 歌詞

歌:浜博也

作詞:鮫島琉星

作曲:大谷明裕

水を替えてる 一輪挿しの
そばにあなたが いるようで
逢いたい気持ちの 悪戯かしら
もしやと手を止め 耳を澄ませば
声なき写真が 笑うだけ

窓は額縁 景色も凍る
遠くまたたく ひとつ星
そこからわたしが 見えるでしょうか
風邪引かないでと ささやきかけりゃ
遺品(かたみ)の時計が カチカチと

花を散らした 一輪挿しに
揺れる泣き顔 水鏡
「いつまでメソメソするんじゃない」と
きっとあなたに 叱られるわね
年上ですもの これからは
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...