evesta歌詞検索

ひまわり(米津玄師)の歌詞ページです。

ひまわり 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

悲しくって 蹴飛ばした 地面を強く
跳ねっ返る 光に指を立てて
愛したくて 噛み付いた 喉笛深く
その様が あんまりに美しくてさあ

舌を打って 曠野の中 風に抗い
夜もすがら 嗄れた産声で歌う
遠く遠く見据えていた 凍て星の先まで
痣だらけの心 輝かせて

その姿をいつだって 僕は追いかけていたんだ
転がるように線を貫いて 突き刺していく切っ先を
日陰に咲いたひまわりが 今も夏を待っている
人いきれを裂いて笑ってくれ 僕の奥でもう一度

消し飛べ 散弾銃をぶち抜け 明日へ
吐き出せ 北極星へ舵取れ その手で

傷ついて 静脈を不意に巡るエレキ
掻き毟って 吹き荒び 鳴る哀歌
聴こえているあの時から 少しも絶えぬまま
震えるほど全て 消えないぜ

その姿がいつだって 僕を映し出していた
もしも同じ街で生まれたら 君のようになれたかな
日陰に咲いたひまわりが 今も海を見つめてる
聴こえるなら強く叫んでくれ 僕の名をもう一度

鳴き声 かんかん照りの街路で 侘び戯れ
解き放て 乱反射して遠くへ 鳴り響け

その姿をいつだって 僕は追いかけていたんだ
転がるように線を貫いて 突き刺していく切っ先を
日陰に咲いたひまわりが 今も夏を待っている
人いきれを裂いて笑ってくれ 僕の奥でもう一度

消し飛べ 散弾銃をぶち抜け 明日へ
吐き出せ 北極星へ舵取れ その手で
米津玄師の人気歌詞
感電

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 ...

Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

カムパネルラ

カムパネルラ 夢を見ていた 君のあとに ...

優しい人

気の毒に生まれて 汚されるあの子を あ ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

迷える羊

ねえ 生まれてきた日を 思い出せるかい ...

パプリカ

曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆 ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

カナリヤ

ありふれた毎日が 懐かしくなるほど く ...

ごめんね

バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...