evesta歌詞検索

夏の糸(kemi)の歌詞ページです。

夏の糸 歌詞

歌:kemi

作詞:kemi

作曲:kemi

息が止まるかのような出会いに
高鳴る鼓動 手繰り寄せる糸
迷わずに手を差し出す君は
私の姿に誰を見たんだろう

一緒に過ごす時間は
見えない壁で遮られ
仮面を被った私で
偽り踊る
君の好きな私を演じて
ひきつる笑顔を隠して
私は何一つ君のことを
知らない

君の隣に寄り添い
見上げた空を彩る
色とりどりの花ノ輪は
儚く開いて消える

胸を締め付けるような毎日
分かり合えることなく過ぎてく

夏の終わりが近づき
離れていく二人の距離
私の名前をよぶ声
残像 幻
出会った屋台の賑わい
吹き抜ける風 懐かしくて
想い出に変わりつつある
ひとつの恋

涙流せど薄れゆく
君と過ごした夏の日
永遠を誓った言ノ葉は
色付く前に散るのね

どうして
あのとき
kemiの人気歌詞
彼岸花

遠い 記憶 苦い 涙 あの日 誓う ...