evesta歌詞検索

航海の唄(さユり)の歌詞ページです。

航海の唄 歌詞

歌:さユり

作詞:さユり

作曲:さユり

手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひとりで岐路に立つ
もう後戻りできぬように、と今 横切る不安を殺して帰路を断つ

失いがたい光だった 優しい易しい あいだった
それでも、君は行くんだろ
足りないものは足りないままで構わないよ、今から探しにいこう

強さは要らない 何も持って無くていい 信じるそれだけでいい
この先でどんな痛みが襲ってもそれだけが君を救うだろう
臆せず 歩き出せ

印は無い一生を“今日”という瞬間に切り分けて
一歩に息を吹き込んでいる
醜さも晒しながら静かにめくりめく日常に 理想に身を焦がす

ねぇ目を閉じて 心を聞いて
見つめた願い今もまだ歌い続けてる 月の下
立ち向かう足が震えていたって間違いじゃない
迷っても逃げたくはない

選んだ未来は誰も知らない夜を縫い 彷徨う君だけの海
無傷では何も勝ち取れないと知って 動き出した呼吸を捉えたよ
まだ 明日に届かなくても

破れた地図の先を記し始めた 海の真ん中
正解なんて無いね 分かっていても痛むもの
ねぇ、多くを望んでる?いるわけじゃない
ただ無くせないもの一つ守るために
新しい扉の先 船は進んでく

強さは要らない 何も持って無くていい 信じるそれだけでいい
この先でどんな痛みが襲ってもそれだけが君を救うだろう
心音が震える方角へ 臆せず 歩き出せ
さユりの人気歌詞
フラレガイガール

愛をひろいあげた手のぬくもりが 今もまだ ...

平行線

太陽系を抜け出して平行線で交わろう 私 ...

ミカヅキ

今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ ...

来世で会おう

過去は変えられないさって 何度言われて ...

それは小さな光のような

僕だけが見てた 君のこと 過去も未来 ...

目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして ...

アノニマス

太陽が街に飛び降りてきた 朱く揺れる世 ...

オッドアイ

産み落とされたいびつなたまご 死ぬまで ...

summer bug

味気ないアイスのラインナップ なんか楽 ...

birthday song

人はみんな、幸福を願い もれずに私もそ ...

夜明けの詩

何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが ...

月と花束

花を焼べて 詩を焼べて 誰より険しく美 ...

ルラ

何をするにも覚えが悪い そんな奴だと言 ...

葵橋

新宿駅の西陽差すホーム ひとり白線の内 ...

蜂と見世物

君だって犯されている 蔓延んでるその思想 ...

十億年

流されて辿り着いたここでは 役割を皆が ...

knot

おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指 ...

プルースト

解け出す 12月のあの匂い 耳の奥が冷 ...

ケーキを焼く

飲み込めない 噛み砕けない 気持ちはど ...