evesta歌詞検索

俺の生きざま(原大輔)の歌詞ページです。

俺の生きざま 歌詞

歌:原大輔

作詞:円香乃

作曲:大谷明裕

両手で胸を開いて 奥底(おくそこ)のぞけば
砕けた意地の破片(かけら)が 小さく煌めく
想い出なんて一つも 無かったこの街
良いヤツなんて所詮は 都会の負け犬
空を見上げりゃ 昇るビルたち
夜に散らばる 欲望の星屑
たとえ 叩かれようと
たとえ 落とされようと
明日(あした)は 笑ってみせる
それが 俺の生きざま

若気の至り何度も 小石につまずき
盾など突いてみたけど 小指でひねられ
本音を言える友なら 一人で足りるさ
虚しい夜は黙って 酒酌み交わして
上を向くなら 覚悟決めろよ
そうさそろそろ 人生の決め時
たとえ 騙されようと
たとえ けなされようと
死ぬまで 騙しはしない
それが 俺の生きざま

空を見上げりゃ 昇るビルたち
夜に散らばる 欲望の星屑
たとえ 叩かれようと
たとえ 落とされようと
明日(あした)は 笑ってみせる
それが 俺の生きざま
原大輔の人気歌詞
流されて

腕に 爪の傷あとを 胸に 愛の傷あとを ...

秋冬

しゃれた日焼けに 涙が流れる あー秋か ...

つらいけど

つらいけど つらいけど 思い切らせて下 ...

恋おんな

いつかは 身をひく恋だから 心も身体( ...

すすき野午前0時

心しばれるすすき野の街に あなたの面影 ...