evesta歌詞検索

路面電車の街(乃木坂46)の歌詞ページです。

路面電車の街 歌詞

歌:乃木坂46

作詞:秋元康

作曲:杉山勝彦

故郷(ふるさと)へ帰るのは もうどれくらいぶりだろう
いつの間にか 父親の白髪(しらが)が増えていた

高校を卒業して勝手な夢 追いかけた
僕には自慢できるような土産話がない

そのままにしてくれてた西陽が差す僕の部屋
窓を開け 風を入れ替えてたら ふと誰か会いたくて…

路面電車がガタゴトと走って行く街は
今も君が歩いてるようなそんな気がしてしまう
通り過ぎる窓の景色はあの頃と変わったけど
そう僕たちがいつも待ち合わせた懐かしい思い出はここだ

どんな顔をすればいい 決まり悪い僕なのに
まるで何もなかったように狭い路地は続く

区画整理されるって言われてた商店街
シャッターがいくつか降りてたけど あの店はまだあった

路面電車の警笛が聴こえて来る街は
君を乗せて自転車を漕いだあの夏の日のままだ
緩いカーブ曲がる手前で信号を待つ間に
もう僕たちは別々の人生歩いてる現実を思う

なんで こんなにやさしいのだろう
一度は背中向けた街のあの夕焼けが
何も言わずに包んでくれた ああ…

路面電車は今日もまた街の中を走り
人の想い運び続けてる日常的な風景

そして

路面電車がガタゴトと走って行く街は
今も君が歩いてるようなそんな気がしてしまう
通り過ぎる窓の景色はあの頃と変わったけど
そう僕たちがいつも待ち合わせた懐かしい思い出はここだ

そう僕の故郷(ふるさと)はここだ
乃木坂46の人気歌詞
Route 246

Hang in there! Come ...

I see...

浮かれた気分のステップ 鼻歌まじりでご ...

インフルエンサー

ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブ ...

あらかじめ語られるロマンス

Aries(アリエス) Taurus(ト ...

裸足でSummer

いつもの夏と違うんだ 誰も気づいていな ...

僕がいる場所

君のことを考えた 僕が死んだ日のことを ...

世界中の隣人よ

夜はいつだって明けると誰もみんな思ってい ...

君の名は希望

僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 ...

光合成希望

向日葵が似合わないって ある日 誰かか ...

しあわせの保護色

探し物はどこにあるのだろう? いつの日 ...

何度目の青空か?

校庭の端で反射してた 誰かが閉め忘れた ...

ガールズルール

海岸線を バスは進む 空は高気圧 ...

ロマンティックいか焼き

ターコイズのリング(Ah! Ah!) ...

僕のこと、知ってる?

知らない街のどこかに 一人で立っていた ...

サヨナラの意味

電車が近づく 気配が好きなんだ 高架 ...

あなたのために弾きたい

幼い頃 近くにある ピアノ教室に通い始 ...

きっかけ

交差点の途中で 不安になる あの信号 ...

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

あの日 僕は咄嗟に 嘘をついたんだ ...

世界で一番 孤独なLover

そんなに優しい言葉を口にしないで いつ ...

夜明けまで強がらなくてもいい

風が悲鳴を上げ窓震わせて 水道の蛇口か ...