evesta歌詞検索

願い(Uru)の歌詞ページです。

願い 歌詞

歌:Uru

作詞:Uru

作曲:H.Aoba・N.Sasaki

灰色の視界の中で
一人で歩くのは簡単じゃなかった

曖昧な輪郭をたどり
手繰り寄せた糸は繋がってなかった

「ねぇ、いつか朝日を見よう」
そう言って君は手を
そっと差し出した

もっとうまく歩けたなら
何か違っていたのか
もがくほどに絡まる

軋む世界に飲み込まれながら
大事な物ボロボロこぼしながら
それでも二人で願った
どこかで見たような日常でいい
傷つくだけの世界なら もう
いらない いらない いらない いらない
いらない

ねぇ、もしも出逢わなかったら
私は今もきっと一人だった

何にもない空っぽのまま
息をしているだけの毎日は嫌だった

どこかに置き忘れて
見失いかけたもの
君が教えてくれた

歪む道に足を取られそうでも
風に揺られグラグラ倒れそうでも
それでも二人で願った
すぐに消えそうな幻なんて
偽りだけの世界なら もう
いらない いらない いらない いらない
いらない

例えば汚れた景色も
醜い街の色も
歩いた分だけ増えていくけど
信じるものがあるから

涙はもう流さないよ
そして今 新しい日々を

歩く

軋む世界に飲み込まれながら
大事な物ボロボロこぼしながら
それでも二人で願った
どこかで見たような日常でいい
傷つくだけの世界なら もう
いらない いらない いらない いらない
いらない
Uruの人気歌詞
フリージア

漂う宇宙(そら)のどこか遠く 祈り通ず ...

プロローグ

目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊 ...

あなたがいることで

どんな言葉で 今あなたに伝えられるだろ ...

remember

夏の終わりを知らせるように 道端にそっ ...

今 逢いに行く

君が今置いて行った言葉に およぎながら追 ...

奇蹟

青く小さな心 隠した手のひらの隙間に ...

追憶のふたり

気付いていた 優しい嘘 千切れるように ...

fly

夕陽さえ背負う背中で 短く息を吐きなが ...

頑な

知らぬ間に増えた傷痕を 指でなぞり前を向 ...

いい女

ねぇ、大丈夫だよ 言わなくてもわかって ...

アリアケノツキ

今どこにいますか? この声が聞こえます ...

しあわせの詩

気がつくとまた目が覚めて 初めに見るい ...

PUZZLE

夜の闇に姿を溶かして 耳を塞いで目をつぶ ...

あなたがここにいて抱きしめることができるなら

そっと繋いだ手から愛を感じた その涙は ...

いい男

今日がいい天気で 本当良かったな 雨に ...

娘より

手をつないで 帰っていく 家族の後ろ姿 ...

すなお

茜色に染まった この街は余計に綺麗で ...

The last rain

Please, just say you ...

横顔

遠くを見てた 灯台の下 夕闇の風 季節 ...