evesta歌詞検索

Sugar Pie Honey Bunch Marching Band(鈴木雅之)の歌詞ページです。

Sugar Pie Honey Bunch Marching Band 歌詞

歌:鈴木雅之

作詞:小西康陽

作曲:小西康陽

風のうわさに聞いたんだ
街のうわさで聞いたんだ
誰かがぼくを好きだって
誰か、ってそれはあの娘さ

風のうわさに聞いたんだ
街のうわさで聞いたんだ
あの娘がぼくを好きだって
誰よりぼくを好きだって

たまらないほど嬉しくなって
音楽がほら溢れ出す
踊り出したい Sugar pie, (honey bunch)
脚がひとりでに動き出す
靴がひとりでに歩き出す

さあ、みんな ついておいでよ
ぼくはブラス・バンド ぼくはパレード
さあ、きょうは お祝いしよう
紙吹雪の準備はいい?
窓からテープを投げてくれ
陽気に口笛吹いておくれ

街のうわさを聞いたんだな
みんな笑ってふりかえる
あの娘がぼくを好きだって
ふたりはいまイイ感じだって

ずっときっかけ狙ってたけど
むかしの人は正しいよね
恋はあせらず、って言葉どおり
あの娘に気持ちが届いた

たまらないほど嬉しくなって
音楽がほら溢れ出す
おしえておくれ Sugar pie, (honey bunch)
ぼくはいま夢を見ているの
ぼくはいま天国にいるの

さあ、みんな ついておいでよ
ぼくはブラス・バンド ぼくはパレード
さあ、きょうは お祝いしよう
大通りに溢れる人
抜けるような青空に
真昼の花火打ち上げようよ

たまらないほど嬉しくなって
音楽がほら溢れ出す
叫び出したい Sugar pie, (honey bunch)
心のままに歌い出す
溢れる想い歌い出す

こんな幸せ者のぼくに
みんなあやかりたいという
恋はあせらず、って言葉どおり
大きくかまえていればいいさ

鈴木雅之について

80年、シャネルズとしてシングル「ランナウェイ」でデビュー。この曲はパイオニアのラジカセのCMソングで話題となり、いきなりのミリオンヒットとなった。渡米公演なども成功を収め活躍。83年にはグループ名をRATS&STARに改名している。86年、ソロデビュー。ラブバラードの名曲などを、数多く世に送り出している。
鈴木雅之の人気歌詞
違う、そうじゃない

違う 違う そうじゃ そうじゃない 君 ...

夢で逢えたら

夢でもし逢えたら 素敵なことね あなた ...

DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理

DADDY! DADDY! DO! 欲 ...

Motivation

何かを隠して 微笑んだ横顔 心の中 ...

ガラス越しに消えた夏

やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカ ...

恋人

想いをいま届けたいこの先ずっと あなた ...

ラブ・ドラマティック

OH LOVE ME MISTER O ...

TAXI

TAXIに手を上げて Georgeの店 ...

DRY・DRY

※Dry dry 理屈じゃない Sta ...

もう涙はいらない

もう涙はいらない 僕がそばにいるから ...

帰りたくなったよ

心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑っ ...

別れの街

変る心なんて 思いもしないで その言葉 ...

路(交差点)

細い背中に もたれていると 君の声 響 ...

Guilty

暮れ始める 都会の色はいつも 孤独すぎ ...

最後のレビュー

あなたの香りがした 振り向く街に風が往 ...

10年

ほら 寒そうに肩寄せて 今 ボート達が ...

Tシャツに口紅

夜明けだね 青から赤へ 色うつろう空 ...

Magic

君の吐息舞い上がり 夜空で星になるよ ...

ランナウェイ

ランナウェイ とても好きさ 連れて 行 ...