evesta歌詞検索

雪の華(Uru)の歌詞ページです。

雪の華 歌詞

歌:Uru

作詞:Satomi

作曲:松本良喜

のびた人陰(かげ)を 舗道に並べ
夕闇の中をキミと歩いてる
手を繋いでいつまでもずっと
そばにいれたなら泣けちゃうくらい

風が冷たくなって
冬の匂いがした
そろそろこの街に
キミと近付ける季節がくる

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
シアワセがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミを愛してる
心からそう思った

キミがいると どんなことでも
乗り切れるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いてくことを祈っているよ

風が窓を揺らした
夜は揺り起こして
どんな悲しいことも
ボクが笑顔へと変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が
窓の外ずっと
降りやむことを知らずに
ボクらの街を染める
誰かのために何かを
したいと思えるのが
愛ということを知った

もし、キミを失ったとしたなら
星になってキミを照らすだろう
笑顔も 涙に濡れてる夜も
いつもいつでもそばにいるよ

今年、最初の雪の華を
2人寄り添って
眺めているこの時間(とき)に
シアワセがあふれだす
甘えとか弱さじゃない
ただ、キミとずっと
このまま一緒にいたい
素直にそう思える

この街に降り積もってく
真っ白な雪の華
2人の胸にそっと思い出を描くよ
これからもキミとずっと…
Uruの人気歌詞
フリージア

漂う宇宙(そら)のどこか遠く 祈り通ず ...

プロローグ

目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊 ...

あなたがいることで

どんな言葉で 今あなたに伝えられるだろ ...

remember

夏の終わりを知らせるように 道端にそっ ...

今 逢いに行く

君が今置いて行った言葉に およぎながら追 ...

奇蹟

青く小さな心 隠した手のひらの隙間に ...

追憶のふたり

気付いていた 優しい嘘 千切れるように ...

願い

灰色の視界の中で 一人で歩くのは簡単じ ...

fly

夕陽さえ背負う背中で 短く息を吐きなが ...

頑な

知らぬ間に増えた傷痕を 指でなぞり前を向 ...

いい女

ねぇ、大丈夫だよ 言わなくてもわかって ...

アリアケノツキ

今どこにいますか? この声が聞こえます ...

しあわせの詩

気がつくとまた目が覚めて 初めに見るい ...

PUZZLE

夜の闇に姿を溶かして 耳を塞いで目をつぶ ...

あなたがここにいて抱きしめることができるなら

そっと繋いだ手から愛を感じた その涙は ...

いい男

今日がいい天気で 本当良かったな 雨に ...

娘より

手をつないで 帰っていく 家族の後ろ姿 ...

すなお

茜色に染まった この街は余計に綺麗で ...

The last rain

Please, just say you ...

横顔

遠くを見てた 灯台の下 夕闇の風 季節 ...