evesta歌詞検索

春待ち草(走裕介)の歌詞ページです。

春待ち草 歌詞

歌:走裕介

作詞:石原信一

作曲:田尾将実

あれからどうして いたのかと
聞けばおまえの まつ毛が濡れる
淡雪舞い散る ガラス越し
時がやさしく 昔に戻す
春待ち草が あの部屋に
薄むらさきに 開く季節(とき)だね

幸せならば それでいい
いつもわがまま 泣かせてばかり
忘れたことなど なかったと
口に出せない 二年の月日
春待ち草は 冬を越え
風にそよいで 誰か待つ花

素顔のままでも きれいだよ
髪もほのかに おまえの匂い
夢より大事な 愛ひとつ
胸に抱きたい 離しはしない
春待ち草の ふたりなら
北の果てにも 咲いてみないか

走裕介について

北海道網走市出身の演歌歌手。 本名は眞野 裕之(まの ひろゆき)。
走裕介の人気歌詞
流氷列車

雪が雪がななめに 降りしきる もいちど ...

北のひとり星

北の夜風は 粉雪まじり お前と暮らした ...

その人は昔

その人は昔 海の底の 真珠だった そ ...

母のいない故郷

母のいない故郷は風の村 無人駅に降りり ...

昭和縄のれん

ひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は世間の ...

のぞみ(希望)

ここから出たら 母に会いたい おんなじ ...

故郷恋々

かあさん田舎は もう雪ですか 今年は足 ...

なみだの宿

想い出の 想い出の 湯の街あかり 女 ...

男の駅

線路はなくても 心の中に 故郷(こきょ ...

北の傷歌

背中丸めて 燗酒あおる 窓に夜汽車の ...

私の夏は来ぬ

暮れそで暮れない 夕暮れに じらされな ...

兄貴

三社祭(さんじゃまつり)で もまれた男 ...

赤いレンガの港町

北の寒さに かじかむその手に ぬくもり ...

寄り添い月

ひとりで歩く 路地裏を 月が黙って つ ...

故郷の山が見える

いちど東京へ 行くと言いながら いつも ...

春の北岬

いのち支える 小枝をくわえ 雁(かり) ...