evesta歌詞検索

北の港で待つ女(浜博也)の歌詞ページです。

北の港で待つ女 歌詞

歌:浜博也

作詞:麻こよみ

作曲:岡千秋

おまえに似合う 男になって
必ずいつの日か 迎えに戻る
ユラユラと漁火が きらめく夜に
涙こらえて 見送(おく)ってくれた
北の港で ひとり待つ女

ふたりで暮らす 幸せあれば
何(なん)にもいらないと 微笑(わら)っていたね
面影を抱きしめて グラスの酒に
酔えばなおさら 逢いたさつのる
北の港で 今も待つ女

離れていても 心はひとつ
会えない年月(としつき)は 無駄にはしない
ヒュルヒュルと海鳴りが おまえの声で
泣いてこの俺 呼んでる頃か
北の港で ひとり待つ女
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...