evesta歌詞検索

月と花束(さユり)の歌詞ページです。

月と花束 歌詞

歌:さユり

作詞:さユり

作曲:さユり

花を焼べて 詩を焼べて
誰より険しく美しく
あの日の傷ももらった愛も
全て焼べて 光の方へ

深い森の中で私たちは
たった一人きりで生まれ
大切なものに出会う為歩き出す

止めることも繋ぐこともできるこの日々を
潜り続けるのは君がいるからだ
迷いながら探していた ここにいる理由を
君が笑ってくれるのなら答えになるから
今日も生きるよ

花を焼べて 詩を焼べて
誰より険しく美しく
寄り添うとは違う手段で
つよくなろうと約束した

使い慣れた夢を離れ君は
たった一人きりで
本当の季節や色を知ってゆく為楫を切った

誰もが今降らしてるんだ 刻々と鼓動を
引き換えに作っているのは 世界 だ
甘えてきたんだ 誤魔化してた
その実感が欲しいのに
私が私から逃げたまま手に入る世界なら
もう いらないよ

信じなければ傷付かないか?
進まなければ失くさないか?

それでも、
私は
知りたい
進みたい
もう背けない

深い森の中を
私たちはただ小さい火で
灯し、導とし彷徨ってゆく
未知を割いて

止めることも繋ぐこともできるこの日々を
潜り続けた先に君を描いた
迷いながら探していた ここに来た理由 など
作らなければないものだと やっとわかったから
今日も生きてゆくよ
今日を生きてゆくの

花を焼べて 詩を焼べて
遠く飛ばせ

光の中へ
さユりの人気歌詞
フラレガイガール

愛をひろいあげた手のぬくもりが 今もまだ ...

平行線

太陽系を抜け出して平行線で交わろう 私 ...

ミカヅキ

今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ ...

航海の唄

手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひ ...

来世で会おう

過去は変えられないさって 何度言われて ...

それは小さな光のような

僕だけが見てた 君のこと 過去も未来 ...

目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして ...

アノニマス

太陽が街に飛び降りてきた 朱く揺れる世 ...

オッドアイ

産み落とされたいびつなたまご 死ぬまで ...

summer bug

味気ないアイスのラインナップ なんか楽 ...

birthday song

人はみんな、幸福を願い もれずに私もそ ...

夜明けの詩

何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが ...

ルラ

何をするにも覚えが悪い そんな奴だと言 ...

葵橋

新宿駅の西陽差すホーム ひとり白線の内 ...

蜂と見世物

君だって犯されている 蔓延んでるその思想 ...

十億年

流されて辿り着いたここでは 役割を皆が ...

knot

おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指 ...

プルースト

解け出す 12月のあの匂い 耳の奥が冷 ...

ケーキを焼く

飲み込めない 噛み砕けない 気持ちはど ...