evesta歌詞検索

プルースト(さユり)の歌詞ページです。

プルースト 歌詞

歌:さユり

作詞:さユり

作曲:さユり

解け出す 12月のあの匂い
耳の奥が冷えていた 風には何かが交じってた
秋と冬の間で人は誰かを探している
それが何か 何を失くしたのかは
もう わからない

落ちる枯葉は舞い
駆ける木枯らし
消えるのは誰のせいでもない

「ここじゃないどこかに そう 帰る場所があってね、
懐かしい 懐かしい」 と僕は 口をぱくぱくさせていた

匂いと想いはよく似てる
目には見えずとも確かにそこにあるのだと
誰かが

あの人が言ってた

でもここには傷も傷跡も何も無い
帰り道が 帰り方がわからない
もう わからない

時が腕を引っ張るから
これ以上先には進めないあの人が
遠く遠く小さくなってゆく
置き去りにして 僕は行く

寒い冬の波間
光差し込む星
伸びてゆく 天国への梯子

消えた灯火
荒ぶ木枯らし
大事だった筈の顔が
もう思い出せない
伸びきった前髪
隙間から覗いた空
手を伸ばしてみても もう
二度と戻れない
さユりの人気歌詞
フラレガイガール

愛をひろいあげた手のぬくもりが 今もまだ ...

平行線

太陽系を抜け出して平行線で交わろう 私 ...

ミカヅキ

今宵も頭上では 綺麗な満月がキラキラ ...

航海の唄

手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひ ...

来世で会おう

過去は変えられないさって 何度言われて ...

それは小さな光のような

僕だけが見てた 君のこと 過去も未来 ...

目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして ...

アノニマス

太陽が街に飛び降りてきた 朱く揺れる世 ...

オッドアイ

産み落とされたいびつなたまご 死ぬまで ...

summer bug

味気ないアイスのラインナップ なんか楽 ...

birthday song

人はみんな、幸福を願い もれずに私もそ ...

夜明けの詩

何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが ...

月と花束

花を焼べて 詩を焼べて 誰より険しく美 ...

ルラ

何をするにも覚えが悪い そんな奴だと言 ...

葵橋

新宿駅の西陽差すホーム ひとり白線の内 ...

蜂と見世物

君だって犯されている 蔓延んでるその思想 ...

十億年

流されて辿り着いたここでは 役割を皆が ...

knot

おもちゃの両目 喉に詰め込んだ 五本指 ...

ケーキを焼く

飲み込めない 噛み砕けない 気持ちはど ...